Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第36話「武装」
密告屋になる条件で独房から出ることが出来たミゲル。モラレスに二重スパイになることを提案したが、グリン所長に提供する情報がないと断られる。そこでレディングにモラレス殺しに手を貸すと申し出るが、こちらも「仲間を裏切るやつは信用できない」と断られる。
リバドーの証言で、ブスマリスが穴を埋めようとしていたことが分かり、ブスマリスは独房から出される。
新薬の実験に反対するマクマナスだったが、ワイガードの局長から支持が出るまで実験は続行することに。そのうちシリルに老化現象が見られ、ライアンは彼の投与を止めるよう訴えるが、リスクを分かってて契約したはずだと撥ね付けられる。そして薬の副作用で死亡する者が現れる。
リロイ・ティッドはサイードに受け入れられ、ムスリムの一員となる。ロブソンはリロイにサイードの殺害を急かし、彼はサイードと二人になるチャンスが来たものの、殺害に躊躇し失敗する。
ベイヒューに軽く見られたことに憤るホワイトは、皆が自分を恐れるようにしてやると、マクマナスを刺す。
中国人を密入国させたクーミンが逮捕される。クァンは殺されたリヤンの敵をと、クーミンにモラレスとパンカーモ殺しを依頼する。中国避難民たちは、本国へ送還されることが決定する。
レディングはスプリーム・アラーがヒルを密告したことを話す。それを聞いてアラーを襲おうとしたヒルだったが、反対に痛めつけられる。アラーはシェミンとブラウンがライアンとケラーに殺されたと疑い、ケラーは密かにアラー殺しを外部の人間に依頼する。
OZに戻ったムカダ神父は、カトリック信者の多くが、クルティエ牧師の下、プロテスタントに改宗していることを知る。クルティエ牧師は、今まで神父の手伝いをしていたカークに洗礼を施す。
ハンクの遺体が発見されたことがシリンガーに知られる。シリンガーはビーチャーに疑いの目を向け「家族皆殺しだ」と息巻き、面会に来ていたビーチャーの弟を刺す。家族を守るため自分の命を差し出すというビーチャーに、ケラーは「自分がハンクをやった」と自白する。ケラーの自白を聞いたシリンガーはビーチャーと互いに許し合い、ケラーはシリンガーから身柄を保護するためマサチューセッツの刑務所へ移送されることになった。


ミゲルが追い詰められてとうとう壊れてしまいました… ライアンみたいに上手く立ち回れれば良かったんですが。もう独房から出られないのかな? でも出ても命狙われてるから危ないし、どうしたものでしょう。ミゲルに関しては所長に一任してるのか、マクマナスは放置なんですね。
心配してたらシリルに薬が当たってしまいました… 髪が白くなってます。死者がでたから実験は中止になるだろうけど、兄のライアンよりすっかり老けてしまってもう… でも子守唄歌って貰ってる姿は可愛かったです。
中国人は先週出てこなかったので、とっくに他に収容されたかと思いました。クーミンは初のアジア系囚人ですね。OZの囚人の間では、どういう位置づけなんでしょう。周りにアジア系がいないので、立場が凄く悪くないでしょうか。
リロイは今回躊躇してサイード殺害を失敗しましたが、まだまだ彼を狙うつもりなんでしょうか? やらなきゃやらないでアーリア系から痛い目に逢わされそうで心配ですが。ちょっと改心してきたみたいなのに残念です…
ムカダ神父とクルティエ牧師は宗派争いに?! 神様の周りも穏やかではいられません。
ケラーはビーチャーを庇って、殺人の依頼をしたと嘘の自白。ビーチャーを失うよりはいいとは思うんだけど、離れ離れになってしまいました。他の刑務所の囚人同士で、電話や手紙のやりとりって出来るんでしょうか? こうなったことでビーチャーが自分を責めなければいいのですが。別れるときケラーの目が潤んでて可哀想になりました。ケラー、帰ってきますよね?

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。