Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第35話「復讐」
ミゲルが独房からエムシティに戻った。モラレスの傘下に入りたいミゲルは「グループに入れてくれるならなんでもする」と言い、モラレスからレディング殺害を命令される。
ワイガードコーポレイションから、囚人を新薬の実験台にする提案が持ち込まれる。長期間囚人を服役させる変わりに、新薬を使って囚人の肉体を刑期分だけ強制的に老化を促進させてしまうのだ。実験台になる囚人は刑期縮小するということで、ビーチャー、オライリー兄弟らが実験に参加する。
ムスリムに改宗したいリロイ・ティッドだったが、サイードからは信用されないでいた。しかしある時ホイットに襲われたアリフを助けたことから、サイードから改宗を許される。
脱獄に向けて穴を掘っていたブスマリス。二度と穴を掘らないことを条件に、グリン所長は結婚式を取り計らう約束をする。その約束を守るためブスマリスは掘っていた穴を埋めようとした際見つかってしまい、独房に収監される。
ベイヒューがもうすぐ仮釈放になることを知ったヒルは、被害者に証言を頼み、彼の仮釈放を止めさせる。
グリンは、クレイトンがクアーンズが所長を務める刑務所に収監され問題ばかり起こしているのを知り、彼をOZの警官官房に移す。
かつての相棒バーログがビーチャーと関係を持ったのを知ったケラーは、彼と関係を結んでビーチャーとの関係を止めさせる。バーログは刑期短縮を餌にケラーのゲイ殺しを証言するよう誘われるが悩み、元弁護士のビーチャーに相談。ビーチャーはケラーにそのことを話し、ケラーはバーログを殺害する。


中国人避難民が居なくなってたのでホッとしました。一般人を重犯罪者と一緒に生活させるなんてやっぱりどうかしてます。
ミゲルは転落の道を辿っています… レディングをやちゃうのかなぁ? どこかのグループに入りたいのなら、ビーチャーたちとかではダメなのかしら? はっきりした理由もないのにやたら命を狙われたり酷い扱い受けてたりで可哀想です。一度権力を失ったものにはみんな容赦ないですね。
新薬は画期的ですね! うまくいけば囚人の数も減らせ、刑務所の経費削減にもなるし。 倫理的はどうかと思うんですが。多分失敗でしょう。つか、これ以上シリルが老けたら嫌だわ!
いまさら出てくるなんて思いもしなかったベイヒューが今頃出てきてびっくりしました。B区画かどこかにいたんでしょうか。
リロイ・ティッドがとうとうサイードの側に… 本当にやる気なんでしょうか、リロイは。改宗して本当に改まってくれればいいんですが。
ブスマリスは折角穴埋めようとしてたのに、タイミングが悪すぎです。結婚式はなしに? そういえば彼ってなんでOZに居るの? 脱獄して罪が重くなって行ったんだろうけど、元の罪状はなんだっけ?
最初クレイトンが出てきたとき、まさかここまで引っ張るキャラだとは思いませんでした。解雇されてそのまま消えると思ってました。
ビーチャー・ケラー・バーログが三角関係になって、これからドロドロな関係が展開するのかと期待しましたが(笑)、バーログがあっさり亡くなってしまいました。ゲイ殺しをバラされるのも嫌だったんでしょうが、ビーチャーへの嫉妬もあった? ケラーにわざわざ忠告しにいったビーチャーを見ると、なんだかんだいってまだ惹かれあってるんですね。
OZって自分の想像をいつも軽く超えてて面白いです。

コメント

 

こんにちは。
ビーチャーとケラーは喧嘩中ですが愛し合っていないわけではないですね。
絶対嫉妬心があったと思います!他のヤツとは許せないのでしょう。結局またビーチャーと関係した男を殺めてしまったのですね。

ミゲルはどうしたいのかさっぱりわかりませんね。
この前サード・ウォッチを見ていたらミゲルの人がこれまた情けない男で登場してました。
「ああ、これでオズに行くことになるのね」と時系列滅茶苦茶です(笑)

 

こんにちは。
やっぱり嫉妬だったんでしょうか!
 二人ともなんて素直じゃないんだ…
次の犠牲者が出る前に、とっとと仲直りして欲しいものです。

ミゲルはなんでいつもあんなことになってしまうのか… でもいつも危ないところを助かってて、運がいいのか悪いのかわかりません。
私もサードウォッチのその回はだいぶ前(初回?)に見ました。殺された警官の人が、OZに復讐に来るらしいので楽しみにしてます。(時系列めちゃくちゃw)

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。