Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第28話「慈悲」
ビーチャーの息子と娘が誘拐され、シリンガーに疑いの目が向けられるが証拠が見つからない。エメラルドシティ内で誘拐に関係したことがある囚人を探し出すと、そこにケラーの名前が挙がる。ビーチャー宛に、切り落とした子供の手が送られてくる。
懲罰房から戻ったモーベイは、囮捜査官ではないかとの疑いを晴らすため、囚人を一人殺すよう、アデビシらに強要される。
リバドーからクレイマーの件から手を引くように言われたサイード。証拠は明らかで、クレイマーが釈放されることはないと言ったサイードだったが、当時彼を逮捕した刑事から、証拠は捏造だったと打ち明けられる。クレイマーは再審で釈放が決まり、イスラム教徒の間では、教えで反対されている同性愛の者に手を貸したサイードに批判が強まる。
エムシティの責任者に黒人のクアーンズが決まる。クアーンズはアデビシに、麻薬取引を禁止しないかわりに一切暴力沙汰を起こすなと言う。OZに帰ったマクマナスだったがエムシティではすでに後任が決まっており、彼はB地区の管理者となる。
OZを訪れたネイサンは、レイプはライアンが指示したものではないかと彼に問う。肯定したライアンだったが、ムカダ神父にはやっていなかったと話す。
ベリンジャーの処刑が執行。「誰が妊娠させたのか」というムカダ神父の問いに、彼女は「雨の日も雪の日も」と言い遺す。


クレイマーがまさかの釈放。私もいくらなんでもそれはあり得ないと思っていたら、証拠が捏造だったなんて…。彼の再審に手を貸したサイードは、ますます立場がなくなりました。
モーベイはもう誰かに目を付けたんでしょうか? 囚人とはいえやはり簡単には実行出来ないでしょう。マークストラムの時はどうだったのかな…? 彼も色々強要されたんでしょうか。モーベイが心配です。
ライアンはネイサン先生のレイプに関係があると思ったら、実はそうではなかった?! 自分への怒りをバネに彼女が立ち直ると思ったからとはまた健気な…。
クアーンズは一癖ありそうですね。現実的といえば現実的なんですが。裏の世界のことをよく知っているようだし、上手く仕切ってくれればいいです。
ケラーは一度死に掛けてから精神的に参ってるようですが、そこがあのケラーだからか演技に見えてしまいます。また何か企んでるのかも、って。そうじゃなかったらいいのですが。でないと両親にゲイをカムアウトして庇ったビーチャーが可哀想… 子供たちのことも心配です。あの手は本物? 小さい子にそんなこと出来るのが信じられません。
ベリンジャーが遺した「雨の日も雪の日も」って、アメリカの郵便局の標語らしいですね。ってことは郵便を扱ってるあの人…?!

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。