Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27話「権利」
ブスマリスとミゲルがOZから脱走。ブスマリスはミス・サリーの自宅前で発見されるが、ミゲルは依然として見つからない。ヘルナンデスは刑務所外の仲間にミゲルの殺しを依頼する。
ヘルナンデスは、アデビシがタラントに銃を渡し事をグリン所長に密告。アデビシが元看守のクレイトンから銃を手に入れたことも話す。グリンはクレイトンを逮捕させる。アデビシは、銃はタラントが自分から盗んだと話す。
ラテン系のモラレスがOZに入所。イタリア系を仕切るパンカーモはモラレスに、ヘルナンデスの後釜に付くよう話す。モラレスは、警戒しないような人物をとリバドーを選び、ヘルナンデスを殺すよう脅す。モラレスは「ヘルナンデスは危険だから、リバドーのような大人しいやつと同室にしたほうがいい」と注進。ヘルナンデスと同室になったリバドーは、夜ヘルナンデスを殺害する。
アデビシは黒人に有利に働くよう、サイードと繋がりのある人権団体を使ってグリンに圧力を掛ける。
囮捜査でエムシティに入っているモーベイは、モラレスらに正体を疑われる。皆の前で麻薬を吸うよう強要される。その直後、監房では麻薬の捜査が行われ、麻薬を所持していたモーベイは懲罰房へ。
ゲイのクレイマーは、ゲイであるために平等な裁判が行われなかったとして、サイードの協力で再審請求を始める。その頃、暴動の際死傷者が出たことに対し州に責任があると認められる。その後、クレイマーの再審も認められた。
ライアンとシリルは、ネイサン医師とプレストンの両親との面談に出る。孫を持ちたいという夢を話す両親に、ライアンはネイサンとプレストンが上手く行っていなかったことを暴露した。対話プログラムは失敗する。ライアンはプログラムの後、何者かに電話。翌朝、ネイサンがレイプされたと知らされる。
ビーチャーがお金を出してハンクを探し出したと知ったシリンガー。ビーチャーがまた何か企んでいるのではと疑う。シリンガーはハンクに"仕事"を依頼。ビーチャーは、自分の息子と娘が何者かに誘拐されたことを知らされる。


ブスマリスはすぐに捕まるだろうとは思いましたが、やっぱり… 脱獄してまでミス・サリーに会いたかったのか!(笑) ミゲルが30代と知ってびっくりしました。彼の子供が出来たとき、おじいちゃんが「自分も18くらいのときに親になった」とか言ってたから、てっきりミゲルは18くらいなのかと。"も"の部分は"親になった"に掛かってたんですね。
ヘルナンデスは思わぬところで思わぬ人に殺されて、これまたビックリ! 前にワングラーがやられたときくらい意外です。リバドーは正当防衛ってことになったのかな? リバドーも、モラレスとヘルナンデスなら、モラレス取るしかないだろうな… 腰巾着だったチコは早速モラレスの下に?
前のヒルもだけど、クライマーは再審になったからってなんですぐ釈放って期待するんだ? 人を殺したのには変わりないのに… ちょっとばかり刑期が減るくらいだと思うんだけどどうなんでしょう?
モーベイは大丈夫なんでしょうか。一時的なことだと言っていたけど。しばらく懲罰房にいれば、却って安全かな?
ここのところのライアンにはマジで痛い目に遭えって思ってしまいます。ネイサン先生がレイプされたのも、彼の差し金なんでしょうね。どこまで痛めつければ気が済むんだ。相手にされないくらいなら、憎まれたほうがいいという心理なの?
クリスと聞いて、過剰反応してたビーチャーが可愛かったです。よっぽど会いたかったんだろうな。クレアに邪魔されて可哀想でした。誘拐されたビーチャーの息子と娘は心配です。あの息子は、金のためなら厭わないところが恐いです。兄は死ぬ前に悟ったところがあったけど… シリンガーとビーチャーの間が平穏になることはないようです。

コメント

 

ライアン酷いですよね。ネイサン先生の言うように自分のことだけだですから。
でも愛しているのに襲わせるかなあ。
可愛さあまって憎さ百倍でしょうか。
この頃からライアンを見るのが辛くなってました。

ライアンのことだけでなく、ビーチャーとシリンガーの確執で胸が痛くなります。
でも見てしまうのですよ。

 

こんにちは。本当にもうライアンは見ていられません。どこまで自分本位なんだと。でもライアンが変なダンスを見せるシーンがあるらしいので、それだけは見逃がせません(笑)
ビーチャーは良かれと思ってしたことが仇になってしまいましたね…。見てるのが辛いけど気になってしまいます。

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。