Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Archive [2012年10月 ] の記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※ネタバレがあります。これからお聞きになる予定の方はご注意ください。
the Graduate [CD]2010年 アメリカ作品 99分
Kathleen Turner、Matthew Rhys 他
※オーディオ作品です。

ベンジャミン(Matthew Rhys)は大学を卒業したばかりの青年。両親は彼のために親戚や友人などを一同に集めてパーティを開くが、ベンジャミン本人は卒業を祝う気になれない。そんなとき、父親の仕事のパートナーであるロビンソン氏の妻ミセス・ロビンソン(Kathleen Turner)から、家まで送って欲しいと頼まれる。渋々ながらも彼女を送ったベンジャミンは、家で彼女に誘惑される。
将来の目標がないベンジャミンはその不安からか、ミセス・ロビンソンのことを思い出す。ミセス・ロビンソンと連絡を取ったベンジャミンは、戸惑いながらもホテルに部屋を取り、彼女と関係を持った。その後ベンジャミンは何度もミセス・ロビンソンと関係を持つが、全く趣味の合わない彼女とは話も合わず、満たされないままだった。
無為に過ごすベンジャミンを心配した両親から、彼はロビンソン夫妻の娘で幼馴染のエレインを誘ってデートするよう言われる。その気のないベンジャミンはわざと彼女に嫌われようとストリップバーへ連れていくが、「人生は素晴らしい」という彼女の純真さに惹かれていく。
エレインに会いに行ったベンジャミンは、ミセス・ロビンソンから彼女とは二度と会わないよう言われ、「会うなら二人の関係をエレインに話す」と脅される。焦ったベンジャミンは、自らエレインの母親であるミセス・ロビンソンとの関係を暴露。ショックのエレインはベンジャミンを追い出した。
エレインを諦められないベンジャミンは、大学まで彼女を追ってプロポーズする。ベンジャミンのエレインへのプロポーズは彼女の心を動かしたが、彼女は突然大学をやめてしまう。親が決めた結婚相手カールと結婚するのだ。そして結婚式の日が来た。教会に訪れたベンジャミンは、エレインにカールとの結婚の意思を確認。執拗に問われるうちにベンジャミンへの愛に気付いたエレインは、彼と共に教会を去った。


本作品は、1967年にダスティン・ホフマン主演の映画化で話題を呼んだチャールズ・ウェッブの小説「卒業」を舞台化したものです。2000年から2002年までブロードウェイなどで上演。2010年のL.A.での再演では、2000年のロンドン公演でベンジャミンを演じたマシュー・リースさんが、再びベンジャミンを演じています。今回の作品は、その時のものをオーディオ化したものです。
ストーリーの大筋は映画と同じですが、この舞台はなんとコメディ仕立てになっています! なんの予備知識も入れず、ダスティン・ホフマンの映画の雰囲気を想像して聴き始めたため、観客の笑いも交えた舞台の様子に驚きました
まず笑ったのが、キャスリーン・ターナーさんのミセス・ロビンソン。ベンジャミンを誘惑するという妖艶な大人の女性という雰囲気…はなく、野太い声に貫禄があり、おもわず"どすこい"なおばさんを想像してしまいました そして高圧的? そんなミセス・ロビンソンに迫られ、タジタジで殆ど泣きそうになりながら言いなりになってしまうマシューさん@ベンジャミンにまた大笑いました。
寝るだけの関係に中味を求めたベンジャミンが、ミセス・ロビンソンに趣味の話でもしようと持ちかけますが、まるっきり話が合わず、却ってベンジャミンが虚しくなってしまうのに苦笑いです。そんな満たされないベンジャミンが惹かれるのが母親と間逆な純粋なエレイン。しかしコメディとあって、彼女もどこか世間ずれしたお嬢様でした。
ベンジャミンの両親も純粋というか単純? パーティに出たくないばかりにとっさに「(経験のために)旅に出る」と言った息子に感心し、送り出し、たった2週間で飽きて帰ってきた息子の(恐らく)ホラ話を真に受けます。
マシューさんが主演して絶賛されたと聞いて、未来に不安な若者の迷いや戸惑いをいつもの機微のある絶妙演技で見せてたんだろうな、と思ってたら、コメディってわかって思わず「絶賛ってそっち方向にか!」と突っ込んでしまいました。でも演技は素晴らしかったです。マシューさんにはコメディのセンスも大いにありますね 音声だけでも充分楽しいですが、映像があったらもっと笑えたかも?と思うと、少し惜しい気もします。

本作品はCD版の他、DL版が英/米Amazon内にあるAudibleにて発売中です。購入とDLの方法はこちら。音声だけでは会話が分り辛いという方には、日本アマゾンで台本も発売しています。(こちら)

※こちらで一部を聴くことができます。


スポンサーサイト
▽コメントリスト

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。