Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Archive [2012年02月 ] の記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚前の妊娠がどのような状況になるかを知るための保健の課題があり、ペイジは小麦粉を男児ホアキンに見立てて世話を始める。彼女が学校へ行っている間はサラが面倒をみることになっていたが、食事やトイレの世話の必要がなくて意味がないと放棄する。
ノラの電話相談室に、ブロディがビリーと名乗って電話を掛けてくる。初めのうちは気付かなかったノラだったが、話を聞いているうちに彼がブロディだとわかり、ノラはサラが彼に会ったことに気付く。「会いたい」という彼にノラは「彼女が会いたいと思ってるかわかるまで会わないほうがいい」と答えるが、帰ると家の前に大きなキャンピングカーが停まっている。それはプロディの車だった。ノラはウィリアムが浮気をしていたことを隠し、今が幸せだと必死に取り繕う。そこへサラがノラに謝りに来る。ブロディはサラからウィリアムが死んだと聞いて来たのだった。
サラがホアキンをトミーの家に忘れてしまい、トミーはその晩ホアキンをノラの家へ持っていく。翌朝ペイジはホアキンが別の小麦粉とすり替えられているのに憤慨するが、時間がなく出かける。その晩ペイジは、ブロディがホアキンをマフィンの材料にしたのを見つけ、さらにノラが結婚前に妊娠していたのを知ってショックを受ける。
メディアの仕事に馴染めないトミーは、会社で居場所がない。ブロディと話したトミーは、彼らから球団のマネージャーの仕事を世話される。トミーはそれを家族ディナーで告白。突然フェニックスに行くという彼に家族は大騒ぎになる。
ジャスティンは、暴行を受けた元海兵隊員ザックを公園で治療する。彼は退役後に支援プログラムに登録したが支援は薬物依存者を優先しており、彼は公園で寝泊まりしていた。ジャスティンは彼を助けたいと考えるが、彼からは拒否される。夜、ジャスティンは、「見捨てない」と、ザックと一緒に公園に泊まった。翌朝、ザックがジャスティンの家を訪ねてくる。
ノラは騒ぎの元凶ブロディを追いだそうとするが、彼の飼い犬リリーの具合が悪くなり、彼とノラはふたりで動物病院へ。リリーの手術を待つ間、ノラは会いに来た理由を聞く。彼は、サラが会いに来た時に「ノラが死んだ」と告げに来たと勘違い。40年もノラに会わなかったことを後悔したのだ。翌朝ふたりは友人として別れるが、ノラは休養が必要なリリーを預かる。
ノラとサラは、誤魔化したのは時代のせいだとペイジに説明。結果的にノラの妊娠は上手く運んだが、ペイジにはチャンスを潰して欲しくないと話した。


ケヴィン役のマシュー・リースさんが監督した回です
今回はソールとキティ、ルーク、そしてスコッティもお休みです 今週欠席者多すぎ! 今回のネタなら居なくても成立するのはわかるけど、寂しいです…
BS_KS_S5-15-2.jpgホアキンのエピソードが笑えました! 小麦粉使ったのはなぜ?? 赤ちゃんなら3kgのにしないと(笑) 「この子だって真っ白な中力粉なのよ」って言ったサラにペイジが「ホアキンは全粒粉よ」ってツッコんだのに爆笑! 中力粉が白人で、全粒粉は有色人種って感じなんでしょうか? ペイジ自身の設定も細かくて面白かったです。ケヴィンが服なんて着せて、大叔父さん気分なのも可笑しかったです。ホアキンで作ったマフィンを食べられなかった女性陣とケヴィン、すっかり情が移っちゃってるよ
ジャスティンはしばらくザックと同居? 退役軍人が生活に馴染めないっていうのはけっこうあるらしいですね。ベトナム戦争後にも問題になっていたらしいですよね。(それが映画「ランボー」に) 真面目に国家に忠を尽くした人が支援を受けられずにホームレスなんて、気の毒な話です。
トミーはまた退場? サラのネタのためにだけに登場したみたい
ノラの家にリリーがいるってことは、またエピがあるんだと思いますが、ノラとブロディの話に興味が持てません
BS_KS_S5-15.jpg冒頭のケヴィン暇そうでした。公益弁護士の仕事はまだやってるんですよね? ケヴィンが依頼人を選んでるのか、それとも元々そんなにない仕事なのか… クリップで遊んでたのが可愛かったです。前にスコッティもクリップで遊んでましたよね。S3だったかな?
※腐女子的発言があります。ご注意ください。
まさか残り後数回ってところで、こんなに欠席者が出るとは思いませんでした とくにスコッティ、なんでお休みなの… ソールと材料の仕入先にでも行ってたんですかね? 前回バレンタインエピにしてはかっがりだったから、今回もうちょっといちゃいちゃを期待してたのに! 来週はスコッティが出てふたりのエピが中心のようなので、ちょっとだけ期待します。
スポンサーサイト

バレンタインにひとりで予約をした客が、ジョナサンの知り合いで、料理評論家のルモンドの偽名だとわかる。ジョナサンがルモンドと親しいと知ったソールは、「ルモンドからの食事の誘いを断った」という彼に、ルモンドと食事をして彼の前で料理を褒めて欲しいと頼む。
ラジオでノラが「バレンタインになると"逃した人"を思い出す」と話す。それを聞いていたローズは、それがブロディのことではないかと考え、トミーに話す。
トミーが権限を超えて勝手に出版社の買収を進めようとしたため、サラと喧嘩に。「私は家族のために頑張ってきたけど、あなたは振り回してる」というサラに、トミーはつい「だけど僕は(パパと)血が繋がっている」と言ってしまう。「ノラが結婚した日をごまかしていることをローズが見つけた」とトミーから聞いたサラは、ローズに出生届を検索してもらい、そこに父親ウィリアムのサインがないことを知る。さらにサラは、当時ノラがウィリアムと同時期に付き合っていたかもしれないブロディのことを聞く。
ルークはこのバレンタインにサラに食べてもらおうと、朝から豆料理と格闘。予定のないジャスティンも手伝う。しかしルークは豆を戻すのを忘れ、スコッティに協力を求める。だが彼も「料理評論家がくる」とそれどころではなく、ルークは諦めてサラと彼女が好きだったボーリングをしようと計画し直す。しかしサラは仕事。ルークは仕方なく家に帰る。
ジョナサンとルモンドにエビで出汁を取ったソースの掛かっている料理を出すことになったが、ジョナサンは軽いエビのアレルギー。しかしソールは親しげに休暇の話をするふたりに、エビのことを言い出せなくなる。ジョナサンはアレルギーの症状が出てしまい、ソールとスコッティが揉めている間にルモンドと退席してしまう。夜、途中で退席したことをスコッティに謝りにきたジョナサンに、ソールは自分の気持ちを告白。ジョナサンはそれを受け入れた。
直接ノラに話を聞きに行くサラ。ノラは「あの時代は結婚前に妊娠することは大問題だった」と説明。しかしサラがブロディの子であることは否定する。どうしても疑いが拭えないサラは、ブロディに会いに行く。


またもやキティがお休み。S5入ってから三回目ですよ… 大人の事情だと思いますが寂しいです。しかしバレンタインネタでは、セスと別れちゃった後だしなにもエピソードがなかったかも? 来週は出るかな…? そういえば子供たちも全く出てなくて、明るさに欠けるエピでした。
ノラがまさかの二股! 今更サラがウィリアムの子じゃないかもしれないなんて、なんという壮大な後付け… でも、自分にも後ろめたいことがあったから、度重なるウィリアムの浮気にも耐えてきたってことに出来ますね。これでウィリアムがノラを見張っていた理由もわかりました。駆け落ちは、ウィリアムが自分かブロディか迷ってたノラに、ちょっと強引だけど決断させるためだったんだろうか。
トミーはまたしてもトラブルメーカーに。認められたかったら下っ端から地道に頑張りなさいよ! 家業潰す原因になった人が(しかも逃げた)、いきなり大きい仕事して認められようなんて甘ちゃん過ぎるよ!
ソールは自分たちの利益のためにジョナサンにルモンドと仲良くしろって言っておいて、実際眼にしたらおもしろくないからって、大事な事言わないでどうするんだ、ソールは! 自分も食物アレルギーがあってしかも急になって酷い目にあったので、かなり怖い話です。アレルゲンわかってるんだから避けてやれよ!! ジョナサンのアレルギーが大したこと無くて本当よかったですよ。薬もちゃんと持ってたみたいだし。ソール、マジ子供だわ ってか老害。
ジャスティンはバレンタインにひとりか… 同情します…
※ここからは腐女子的発言があります。苦手な方はご注意ください。
ネタでケヴィンがひとりでバレンタインデーを過ごす話を書いて、今回のエピはラブラブでいちゃいちゃしてるケヴィンとスコッティを(勝手に)期待してたので、「バレンタイン・エピなのにケヴィン出張?! 今回お休みなの?!」って凄いがっかりしかかりました。後半出てきてホッとしました。でも2ショットは1シーンだけだし、ケヴィンがご飯の最中だったせいかデコちゅーくらいしかしてないし、やっぱり不満かといえばちょっと不満です マシューさん、この日他にも仕事あったのかなぁ…?

トミーから帰ってくると連絡が入る。帰ってきたトミーは女性ローズを連れてきており、彼はローズをノラに紹介する。
週末、養子候補のオリヴィアはケヴィンの家に泊まることに。ノラは彼女のために、プリペイドの携帯電話をプレゼントする。
ローズは不動産業者で、土地や建物の転売をしている。トミーは彼女と転売で稼ごうとサラに出資を頼むが、突然頼まれた彼女は困惑。今の景気では家は売れないと反対。トミーと喧嘩になってしまう。
アニーの周りをうろつく彼女の大学時代の恋人で心臓医のリックが、ジャスティンには目障りで仕方がない。ソフトボール大会でジャスティンがヒットを打った時、セーフだと思った彼は、アウトだというリックに掴みかかってしまう。アニーが「(ホームの瞬間を)見ていなかった」とジャスティンに味方しなかったため、彼は憤る。
ケヴィンたちとオリヴィアの間はギクシャク。メールを送ってもオリヴィアは返事をしようとせず、スコッティのリストを無視してお菓子を買う始末。彼らはなんとか彼女に馴染ませようとしたり注意をしたりしようとするが、彼女は部屋に引き篭ってしまう。
家族ディナーが始まり、ルークはサラとの結婚式の日取りを報告。喜ぶノラやソールだったが、サラとトミーは喧嘩中。ジャスティンも試合のことでアニーにわだかまりがあり、ディナーはいたたまれない雰囲気に。トミーは「ローズと婚約した。それを報告したかったのに」と出て行ってしまう。ジャスティンはまだアニーがリックと完全に別れられていないと指摘。ふたりは友達同士に戻った。
パサデナに帰って家族を取り戻したいというトミーのために、サラは自分のラジオ局での仕事を探す。トミーはそこで働くことになり、ふたりは仲直りする。
ケヴィンとスコッティは、オリヴィアの様子を見て彼女が字を読めないことに気付く。翌朝、彼らはオリヴィアをノラやソールに引き合わせる。
ローズは趣味で家系図を作っている。手土産代わりにウォーカー家の家系図を作ることにした彼女は、ネットで調べているうちに、ノラが結婚した日を皆に偽っていたことを知る。ローズとトミーは、ノラがその時すでに妊娠していたのではないかと考える。


100回記念(?)でトミーがS5で初登場! でもキティはお休みです
トミー、めちゃ痩せちゃっててびっくり! S4の最後のほうでもけっこう痩せてきてましたが、今回ではもう頬もこけて首も細くなってやつれちゃってるというか… 驚きました。ケヴィンことマシューさんもちょっと痩せてた気がします。
家の転売っていっても、プライムショック後の今買ってももっと安い値段でしか売れないんじゃ…?って気がします(汗) こういうときサラは慎重に考えてて、彼女らしいです。アニーの友人(でしたっけ?)が転売して儲けたと言ってましたが、その頃はまた状況が違ってたのでは? トミーはサラのところで働くことができてよかったですが、どんな仕事なんだろう?
ローズは少々テンションも高いし若干空気も読めなくてちょっと変かもしれないけど、ウォーカーに言われたくない、みたいな(笑) 普通に良い人そうに見えました。
ジャスティンがまたしょうもないウジウジ野郎に 喧嘩っ早いなぁ もっと堂々としてればいのに、って思いますが、そうできないのがジャスティンか… 必要以上に警戒してるのがすでに負けてる感じで、本当彼は小物っぽいよなぁ…
オリヴィアが字が読めないなんて… もう9歳でしたよね?! 施設では勉強を教えるということがないのかな? 学校にも行かせてないの? これまで学校にも行かせてもらえずにほったらかしで育って、割と最近になってから施設に預けられたんだろうか… ケヴィンたちが彼女を養女に迎えるとして、色々問題が起きそうです。最後にオリヴィアがおめかしして出てきましたが、スコッティの見立てなんですかね?
ノラがすでに妊娠ってことは、サラはブロディの…っていうフラグですね。ネットで各証明書が簡単に閲覧できちゃうことに驚愕しました! 個人情報の保護義務はないのか… ネットに堂々と顔写真や本名なんかを載せちゃうお国柄だから、あんまり気にしてないのかな? とにかくびっくりしました。

ケヴィンとスコッティはオリヴィアを養女にしようと、試すために週末彼女と一緒に過ごすことにする。
デヴィッドがニューヨークで映画撮影を教えることになり、引越しの準備をする。しかし一緒に行く予定だったホリーは、急なことでまだNY行きの決心がついておらず、彼にひとりで行かせようとする。「今来なかったらもう二度と来ない」というデヴィッドに、ノラは自分がホリーにNYに行くよう説得すると申し出る。ホリーの家はすでに借りてが決まっている。しかしNYに行けないというホリーに、ノラはその気になるまで自宅で一緒に住もうと提案。さっそくホリーはノラのペースに引き込まれる。
ケヴィンとスコッティは、預っていたペイジが、内緒で男の子を部屋に連れ込んでいるのを知り、慌ててサラに連絡。サラは、急なペイジの成長ぶりに戸惑う。しかしその男の子が自分をゲイだと疑い、ケヴィンたちに相談したかったのだと知る。
ジャスティンが救命士としてした治療が、無謀だったのではないかと疑われる。同じ救急車に同乗していたアニーは、そのことについて証言を求められる。アニーは友人の心臓医リックを紹介。彼はジャスティンのために、処置は適切だったと証言する。
ソールはゲイ支援センターで働き始めていたが、そこで彼にHIVを感染させたジョナサンが働いているのを知り、仕事を辞めようとする。自分を忘れていたジョナサンを許せないソールだったが、ケヴィンたちを見て時代が変わったのを実感。ジョナサンを許し、センターでの仕事も続けることにする。
スコッティがなくした財布が養子斡旋施設で見つかる。オリヴィアがスコッティの財布をスッていたのだ。施設に出向いたケヴィンとスコッティはオリヴィアと話そうとするが、彼女は「何もわかってない」と泣きながら部屋を出ていってしまう。ケヴィンたちと上手く行かないのではと怖れたオリヴィアは、自分から壊そうとしたのだ。それに気付いた彼らは、再びオリヴィアを迎えることを決意。彼女もふたりに心を開き前向きになる。
ホリーがNYに行くことでデヴィッドやレベッカに期待させるのではと恐れていることを知ったノラは、彼女に思い出の品を燃やすよう提案。重荷になっている過去を捨て、新しくやり直すのだ。思い切って思い出の品を燃やしたホリーは、住み慣れた家やノラたちに別れを告げ、NYへと旅立った。
自分を試したいと再びワシントンを目指す決意をしたキティ。準備のためロバートの元妻にエヴァンを預けると、「私にはあなたは若すぎた」とセスと別れ、ワシントンへと旅だった。
ホリーの思い出の品の中に、ウィリアムが撮ったと思われるノラのフィルムを発見。それはまだウィリアムと付き合う前のノラが、ブロディとデートをしている場面だった。ノラやソールは、ウィリアムがノラを尾行していたことを知った。


ホリー一家はこれで本当に退場なんでしょうか? 寂しくなります(´・ω・`) ノラのお節介が相変わらず(汗) ハイキングに連れだしたせいでホリーが腕を怪我しちゃってるよ… 迷惑なのかありがたいのかよくわからない存在です ホリーがノラのお節介を、NYに行かせるための陰謀だと疑ってるのが笑えました。
ジャスティンは問題がこじれてしまうのかと思ったら、あっさり片がついて拍子抜け。でもリックがまだ出てくるのなら、穏やかでないかも?
ソールが「これがウィリアムが尾行していた理由だ」って言ってたけど、よくわからん… ウィリアムがまだ付き合う前のノラを勝手に嫁候補にしていて、彼女の身辺調査をしていたってこと?
オリヴィアは前回はケヴィンたちを案内してくれて人懐っこそうに見えたのに、今回はえらい素っ気ない感じで驚きました。親子になることが現実になってきて、怖いからそういう態度になっちゃったみたいですが。でもなんかオリヴィアの気持ち解るなぁ… 「どうせ上手くいかない」って思ってるようなところがあって、期待するのが怖いんでしょうね。ケヴィンたちが彼女とどういう親子関係を築いていくのか楽しみです。
ケヴィンたら、机も組み立てられないなんて 私でも出来ますよ… 不器用すぎる(笑) そこも可愛いけど。パッと見はケヴィンのが男役っぽくてスコッティはオネェだったけど、スコッティは何気になんでもできて、全般で基礎的な生活力があるって感じです。苦労人だし何でも自分でやってきたんだろうなぁ
親子といえば、エヴァンが可哀想 異母兄弟みたいな子がいるとはいえ、いきなり2週間以上も殆ど知らない家に預けられるなんて… 相手もよく預ってくれるなぁ 電話しかしないなら、せめてノラに預ってもらえばいいのに。キティには母性が感じられないんだよなぁ そういうキャラもいてもいいとは思うんだけど、自分第一すぎて子供が可哀想って思っちゃいます
▽コメントリスト

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。