Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Archive [2011年12月 ] の記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じラジオ局で番組を持つカールと親しくなったノラは、彼の家でふたりで映画を見る約束をする。ノラはカールに恋愛感情を抱いているが、それを本人には言えない。
ルークの母ガブリエラから彼に会いたいと連絡が入るが、会いたくないルークは忙しいと断る。それを知ったサラは、ノラの家でふたりを合わせようとする。
ようやくレベッカへの思いを断ったジャスティン。独身に戻り、自由な生活を満喫する。スコッティのレストランのバーで働き始めたジャスティンは、副料理長のアンジーやウェイトレスのキンバリーに手を出し、他の女性たちとも親しくなる始末。
ノラの家に来たガブリエラは、ノラとカートの話になり親しくなる。しかしガブリエラは、「テレビが壊れたからノラの家で映画を」というカートの電話を勝手に受け取ってしまい、準備のできていないノラは焦る。やってきたカールはガブリエラを見て驚く。実は彼女は若い頃女優をしており、カールは彼女のファンだったのだ。ガブリエラとカールは意気投合。映画を観る約束も延期になり、ノラは疎外感を感じる。
店に予約を入れすぎたためアンジーが臨時でシフトに入り、キンバリーと鉢合わせに。トラブルになると困るスコッティは、彼を家に帰す。帰ったジャスティンはノラの家で踊っているガブリエラを見つける。サラに彼女とカールを引き離すように言われ、ふたりでダンスを踊っているうちに、ジャスティンとガブリエラはなんとなくキスしてしまい、それを説得されてやってきたルークに見られてしまう。
キッチンでひとり料理をしていたノラのところへカールがやってくる。ふたりはいい雰囲気になるが、ノラは寸でのところでキスをやめる。職場恋愛は壊れた時にお互いにとってよくないと考えたからだ。
どうしてもガブリエラに会いたがらなかったルークにサラが理由を聞く。ガブリエラは男と家を出ては別れて帰ってくるということを何度も繰り返し、その度にルークや彼の父親は傷つけられた。それが許せなかったのだ。しかしサラに「今の彼女を見てあげて欲しい」と諭され、翌日ルークとガブリエラは本音をぶつけ合って和解。夜、ノラは家族と、他の家族もそれぞれの家で、ガブリエラ主演の映画を楽しんだ。


ケヴィンことマシューさんが監督した回です。
今回はなんとキティがお休みですよ! 最後まで出てこなかったのでびっくりしました。ソールも今回もお休み。どちらも最近は大したエピソードはなかったんですが、全く出てこないとなると寂しいです。そのせいか、あんまり面白くなかったかも… ルークも個人的にはあまり興味がないキャラなので、彼がお母さんとどうこうっていっても、あまり身を入れて見る気にもなれませんでした。お母さんも、予告のときに想像したのよりぶっ飛んだ性格でもなくて笑えなかったしなぁ…
3兄弟がそれぞれ自分のブツに名前を付けてたのが笑えました。"ハッピー司令官(Captain Happy)"ってなんじゃそら!(笑) 司令官の言う通りにしてても、必ずしもハッピーになったことがないのでは? ケヴィンの"小さな巨人"って… 小さいの…? そういう意味じゃなくて? トミーの"18センチ砲"に「願望」って突っ込むケヴィン。そうですか、平均的ですか(笑) どれも、ブツに振り回されてるっていう感のあるネーミングですね(笑)
ジャスティン、守備範囲広すぎ ルークのお母さんっていったら、いくら若くても50代ですよね?!
レストランを手伝っていたケヴィンが初めて(?)お客さんを席に案内した後、嬉しそうに「お客を案内したよ」って言ってたのが可愛かったです スコッティに褒めて欲しかったのかな? 予約を入れすぎちゃったのは、 担当のソールがいなくて、ケヴィンじゃ多分勝手がわからなかったんでしょう。大丈夫だったんですかね? バーの仕事もちゃんとできたのかな? ロブ・ロイがわからなかったのに。スコッティに首にされたらしいから、大丈夫じゃなかったのかも… 最後、ふたりでまったりしているケヴィンとスコッティが良かったです。これでもう元に戻ったと思っていいんですよね?
今回は雪で撮り損なうかと思って焦りました(汗) 次回の放送は1/15だそうです。遠いorz
スポンサーサイト

スコッティとやり直させようとする家族にうんざりするケヴィン。ディベート大会の練習に協力してくれるよう姪のペイジに頼まれていたが、彼女がスコッティにも手伝いを頼んだと聞いて困惑。スコッティに用事があると言って断らせようとする。しかしペイジががっかりするのを見て、ふたりで練習を手伝うことにする。ペイジの送迎にきたノラは、スコッティがケヴィンへの不満を言わずに貯めていたことを知る。
朝からオンラインセールに精を出すサラとキティ。ノラに「怠け者」と言われたふたりは、ナローレイクから得た金で会社を買い、一緒に経営を始めようかと相談する。サラが検討していたメディア会社をキティも気に入り、ふたりはその会社に決める。しかしキティが「大学の時、ビジネスをしようとした時にママに『経営はサラがやること』と言われた」とサラに言うと、彼女は自分には経営の能力しかないとノラに言われたように感じて憤る。キティがいれば自分が目立たなくなると感じたサラは、共同経営することをやめる。
ホリーはわずかずつだが回復。しかしデヴィッドは関心を見せない。彼はホリーの回復が遅いことにストレスを感じていた。デヴィッドがドラッグをやっていることに気付いたジャスティンは、彼を依存症の会に連れて行く。
同じラジオ局でカールの放送を聞いていたノラは、彼に惹かれる。聞けば彼はノラのファンだと言う。次に彼に会ったノラは、思わず彼に子供たちへの愚痴を言ってしまう。それを聞いたカールは、子供の問題を全て解決してやることはできない」と諭す。
生徒に罰としての居残りを与えるについて、ペイジのディベートの練習が始まった。しかし話が始まるとケヴィンとスコッティがそれに自分たちの話を被せ、言い争いになってしまう。日を改め再び練習の手伝いにきたケヴィンとスコッティ。しかしペイジは不在。彼女はふたりを会わせようとしたのだ。スコッティは、ケヴィンが自分たちの問題をいつも自分の問題にしてしまい、話し合おうとしなかったことを指摘する。
ホリーを病院に送り迎えしていたジャスティンは、出会った看護師のアニーに惹かれる。ホリーを通して何度か会ううちにアニーもジャスティンに好意を持つが、ホリーやデヴィッドに親身になる彼にレベッカへの未練を感じたアニーは去っていく。ホリーに新しい人を受け入れるよう言われたジャスティンは、病院にアニーに会いに行く。
お互いの道を再確認したサラとキティは共同経営の話を白紙に。サラはノラのラジオ局の親会社であるメディア会社を買うことに。キティは大学のゲスト講師を頼まれ、教職を目指すことになった。
ケヴィンはスコッティの言うことを理解し反省。一方スコッティも、ケヴィンに頼られるのが嬉しくて、自分に何かあっても彼には言わなかったことを反省した。ケヴィンは、成長したいとスコッティに話す。ディベート大会の日、ペイジが待つ中、ふたりは一緒に姿を現した。


ホリーが入院してもう出てこないのかと思ったら、再登場で嬉しかったです。回復してるみたいでよかった… しかしこれでジャスティンとも縁が切れたような感じになって、もう登場はなしなんですかね? なんか登場人物が減って寂しいなぁ… 新キャラ(アニー)は出ましたけど。あれがジャスティンことデイブ・アナブルさんの奥さんオデットさんですよね?
キティは大学のゲスト講師に。これで彼女の話ももうちょっと動くようになるんでしょうか? サラも会社を買って経営者に? ノラのラジオ局で予算削減みたいなことが起きると、ノラがサラに文句言ってきたりするようになるのかもしれません
そんなノラは紳士なカールと恋愛フラグ? ノラは「友達いない」って言ってましたが、慈善パーティに来てたような人は友達っていうかライバルとか知り合いみたいな感じなんですかね? ウォーカー家の人って、本当友達いませんよね いてもノラにドラッグ勧めたりキティの広報やってたみたいな妙な人ばっかりだし。類友? あれだけ家族仲が良くて明け透けだと、友達は要らないって言えば要らないのかもしれないけど、外からの目線がないからなにが良くないのかわからなくて、みんな自己中にもなっちゃうんですね多分。
ケヴィンとスコッティが縁りを戻して良かったです これでケヴィンはスコッティを許したようですけど、何かの拍子に思い出して、また話さなくなっちゃったりしないといいんですが… ケヴィンの厄介なところは、話さなくて相手が取り付くシマがなくなっちゃうことですよね(汗) スコッティは辛抱強いと思います。ケヴィンは「一緒に成長したい」って言ってましたが、まずスコッティのところまで追いつかないと! それにはかなり時間がかかりそうな気がします(笑)
やっぱりスコッティは保護欲が強いタイプですよね~ ケヴィンに甘えられるのは、きっと心地良かったんじゃないでしょうか。ケヴィンは甘えたがりで、スコッティもそんなケヴィンに「うぜー('A`)」ってならないから、ある意味ぴったりなカップルですね。

2年前。食堂で働いていたジョージは、同類の匂いを嗅ぎ取った吸血鬼の3人組に、店の裏で襲われる。彼らに会いに来たミッチェルがそこに遭遇。3人組を追い払い、ジョージを助ける。吸血鬼としては異端のミッチェル。彼はジョージの孤独に共感する。
胸を杭に打たれ重体のミッチェルは、彼がいつも働く病院に搬送される。アニーは彼が心配で、"扉"の向こうに行くのをやめる。ミッチェルを治療した医師や看護師は、彼の傷の治りが速いことや心拍や脈が見られないことに不審を感じている。正体がバレるのを恐れたジョージは、彼を病院から連れ出そうと考える。夜中目覚めたジョージは、牧師がミッチェルに祈りを捧げているのを見る。そこへ吸血鬼が現れ、ジョージは牧師とふたりで彼らを遠ざけた。
大量の出血をしたが自力で血を作れないミッチェルに、ガンで余命の少ない元恋人のジョージーは、彼に自分の血を吸うよう言う。彼は彼女の気持ちを受け取った。その頃ジョージは病院のカフェでヘリックに遭遇。かれはジョージに、「地の果てまでも追って葬り去ってやる」と告げる。
退院したミッチェルは、ヘリックに翌日の決闘を申し込む。自分が負けてもジョージやアニーに手を出さないよう約束させる。その翌日とは、ジョージが変身する日だった。ミッチェルは、ジョージやアニーに街から出るよう言う。アニーは反対したが、ジョージはミッチェルの意志を尊重しようと言う。彼は、ミッチェルがヘリックと決闘する前に、ヘリックを説得したいと申し出た。夜、ヘリックの元へ決闘の場所を伝えに行ったジョージは、翌朝家を出た。
死者の声が聞こえるようになり苦しむアニーのところへ、ひとりの幽霊が現れる。葬儀屋の地下で、吸血鬼に餌食にされていた男性が死んだのだ。アニーは彼の力を借りて葬儀屋に侵入。囚われていた人々を助ける。その頃、ミッチェルは決闘場所の病院の屋上でヘリックを待っていた。そこへアニーがやってきて、ヘリックは来ないと告げる。ヘリックはジョージに、病院の屋上ではなく地下だと教えられていたのだ。そしてヘリックが地下室にやってきたとき、ジョージはそこで変身を遂げようとしていた。ミッチェルとアニーは「人の心を失う」とやめるよう説得するが、2年前ミッチェルに孤独から救われたジョージは彼に「恩を返したい」といい、彼はジョージの気持ちを受け取る。
別れようという手紙をジョージから受け取ったニーナは、納得できずに彼に会おうと探す。地下で叫び声を聞いた彼女は、変身するジョージを見つける。ジョージはヘリックを倒すと地下室から出ようと暴れるが、ニーナを見て正気に戻る。翌朝彼は、ニーナに心の繋がりを感じだと言った。その頃ニーナはジョージの家でシャワーを浴びようとしていた。服を脱いだ彼女の腕には、ジョージが狼男に襲われた時のような爪の後が残っていた。
隔離施設にいるオーウェンを訪れるものがいた。彼はオーウェンに狼男や吸血鬼の話を聞くと帰っていき、ジャガット教授という人物に「見つけました」と報告する。


今回でシリーズ1が終了ですが、幾つかの謎を残して終わりました。
ニーナにもジョージのような爪痕が残っていましたが、彼女は狼女?! もし彼女が狼女なら、同族でよかった…のかな? でも前は腕に怪我はなかったですよね。ジョージが自分でも知らないうちに襲ったか、それとも別の狼男が? もしかしてタリー…?
ジャガット教授なる人物は何者?! ヘリックよりもっと大きな組織を持った吸血鬼がいるのか、あるいは吸血鬼や狼男たちを研究しているちょっとマッドな科学者か… いずれにしても厄介な存在になりそうです。その前に葬儀屋の吸血鬼たちとザコ戦があるんだろうか。葬儀屋はヘリックが死んで閉店?
3人の友情関係がいいです。特にミッチェルとジョージ。ジョージはミッチェルに救われたと思ってるけど、ミッチェルも彼に救われてたところはあったんでしょうね。一時ゲイカップルと間違えられるくらいふたりで楽しそうにやってましたもんね。
アニーは新たな能力をゲット! …しましたが、ちょっと辛そうな能力かも。今回は上手く働きましたが、どうしようもできないことを求められたり犯人に復讐してとか頼まれたりしたら困るし辛いんじゃないでしょうか。そんな事態がなければいいけど。後、服が変えられるようになればいいですね
ジョージがヘリックを説得したいなんて言ってた時に、狼男になってやっつけるつもりだなっていうのはすぐにわかったのですが、もうちょっとジョージが狼男に振り回されるかと思ったので、ちょっと拍子抜けしました。ヘリックはデカい口を聞いてた割りにショボっ! なにか策があるのかと思ったのに。ジョージは"狼男"を受け入れられるようになって良かったです。ニーナのおかげですね。これでコントロールができるようになったのかな? 
今回(最終回)も面白かったです! シリーズ2もできれは早いうちに放送して欲しいです! ドクター・フーS3の後にでも…
▽コメントリスト

ノラの電話相談室「ママにお任せ」は"真剣な恋愛"がテーマ。ノラはそこで、「次男は真剣な恋愛は築けないと思ったけれど、今の夫と3年以上続いている。私が知る最高の結婚」と話す。しかしその頃ケヴィンは、スコッティと同じベッドで眠る気になれず、レストランの事務所で寝る。スコッティのレストランで、ノラが慈善パーティを開くことになっており、サラとノラがパーティの打合せに来る。ケヴィンが事務所で寝ていることに気付いたサラはケヴィンがスコッティに何かしたのではと疑ったが、自分のせいで喧嘩していると思われ怒ったケヴィンは、スコッティの浮気を暴露する。
サラはルークからプロポーズされてそれを受けた。しかし息子のクーパーに「いつまで結婚しているの?」と無邪気に聞かれる。そこへスコッティの浮気を知り、離婚経験のあるサラは、ルークとの結婚に自信を失う。
「やり直してもパパとママのようになるだけ」というケヴィンに、ノラは「パパはずっと嘘をついていたけど、スコッティは本当のことを言った」と、彼にスコッティと話し合うよう説得する。
慈善パーティが始まる。レストランのバーでカクテルを作っていたジャスティンは、そこでウェイターのマーカスと会う。彼は世間話に「このレストランのシェフと寝た」と話し、ジャスティンは彼がスコッティの浮気相手と知る。事故とミシェルの流産を乗り越えてやっとレストランの開店を迎えたパーティで、ケヴィンは欠席をしたのだ。そんな寂しいスコッティの心を埋めたのがマーカスだった。ジャスティンはマーカスが来ていることをスコッティに知らせ、彼はマーカスをこっそり帰らせようとする。しかしジャスティンがサラやキティにスコッティの浮気相手が来ていると話しているところをケヴィンに聞かれ、ケヴィンは勘違いして別のウェイターを殴ってしまう。浮気に苦しむケヴィンに、スコッティは「僕は完璧じゃないんだ」と言う。そんなスコッティに、ソールは「君とケヴィンは私から見ればほぼ完璧。理想だった」と話した。
サラはケヴィンたちの破局を見て、却って結婚の大切さを考える。ルークに結婚を取り消したいと申し出ていたが、それを取り消すことにする。
キティはジャックと付き合い始め、彼はLAで仕事を探すと言い始める。キティはジャックとの同居を考えるが、彼は急にベトナム行きの話を始める。しかしキティがベトナム行きを考えると、彼は次には別の仕事の話をしたりと落ち着く様子がない。子供や家を持つキティにはついて行けず、彼女はジャックと別れる。
家に帰りたくないケヴィンはキティの家で一泊。話しあうようにとのノラの助言もあり、ケヴィンはスコッティに、なぜ開店パーティに出なかったかを話す。彼は一歩も進めないでいる自分が嫌だったのだ。


キティとジャックの話がどうでも良すぎる… ジャックはスーツより大工の時のが魅力的だったなぁ…
勘違いでケヴィンに殴られた"ロブ・ロイ"さんがお気の毒… ジャスティンが違うって言ってたのに、酔ってたせいもあってケヴィンは全然聞いてないし。ジャスティンに八つ当たりで殴られたマーカスもちょっと可哀想かも? 浮気は彼だけのせいではなかったですもんね。
ケヴィンが子供のように泣きながら「怒ってない。苦しいんだ」って訴えてる姿には胸が締め付けられました。(マシューさんの演技と表情がまたいい!) …が、彼はスコッティに甘えすぎ…というか求めすぎですよね。スコッティが「僕だって失敗もするし傷つきもする」って言ってた時のケヴィンの呆然とした顔、言われるまで気付かなかった? ケヴィンはちゃんと気付いてはいるんだろうけど、スコッティなら許してくれるし絶対嫌わないってつい多少酷いことでもやってしまって、今さらながら自分がどれだけスコッティに甘えてたかがわかったんじゃないかと思います。
今回の話でスコッティの浮気の原因もわかりました。それ聞いても浮気はして欲しくなかったと思っちゃいました… やっぱりスコッティらしくないし。自分もスコッティに求めすぎですかね… 浮気相手ももうちょっと大人で包容力のある人だったら、まだ受け入れられたかも? ケヴィンじゃないけど、マーカスは結婚生活と引き換えにするには安すぎる気がして… でもそんな若造のちょっとした褒め言葉にグラッとくるくらい、スコッティも優しさに飢えてたし追い詰められてたんでしょうね。行きずりだったら、彼くらいの相手のほうが却って後を引かなくてよかったのかもしれません。
ケヴィンとスコッティを、(時代が違えば自分も持てたはずの)夢だったっていうソールに、グッときました。同じゲイとして、多分ノラ以外の家族の誰よりも、ケヴィンとスコッティのことを愛情と共感、期待を持って見守ってたんじゃないかと思います。ソールとスコッティは仲も良かったし、それだけに今回のことは自分への裏切りにも近かったんじゃないっでしょうか。でも最後はお互いにちょっと気持ちが解り合えたみたいで良かったです。ケヴィンもスコッティもお互い元のように戻れることを望んでるから、それが可能になるよう諦めてほしくないです。
▽コメントリスト

ヘリックたち吸血鬼は、葬儀屋を開き、そこをアジトにした。人間では居られないと考えたミッチェルはヘリックの元に戻った。ミッチェルは病院で余命の短いAIDS患者ダンカンを見つけると、ヘリックに紹介。彼はダンカンにあることを提案する。
アニーはジョージに、オーウェンに復讐したいと告白。復讐を遂げれば、成仏できると考えたからだ。ジョージはアニーに家に居て欲しいと言いながらも、彼女の復讐を手伝うことにする。アニーはまず、オーウェンに罪の告白をさせようと、脅し文句を考える。ジョージは「水道の水が出ない」と偽って、夜大家であるオーウェンを家に来させる。アニーは彼を脅してさっそく罪を白状させようとするが、彼はアニーが幽霊になったのは自分の罪悪感のせいではなく彼女の陰気な性格のせいだったと、悪態をついて去っていった。
ダンカンはヘリックにより、仲間にされていた。ミッチェルはガンを患う昔の恋人ジョージーを仲間にしたいとヘリックに頼む。ミッチェルが葬儀屋の安置室に置かれたダンカンの目覚めを待っていると、ローレンが来て「大切な人なら仲間にしないほうがいい。人の心を失う」と話す。彼女が出ていった時、ダンカンが目覚めた。
オーウェンは婚約者を殺した家を人に貸すような男。考えればそれくらいで驚くわけがない。そう気付いたアニーは、彼の恋人ジェイニーにオーウェンことを警告しようと考える。遅く帰ったミッチェルをジョージが仲間に会っていたのではと責めたが、彼は「救いが必要な者を不死にしているだけ。人間のほうがモンスターだ」と憤りを吐き出す。
ヘリックから不死の話を聞いたジョージーだったが、彼女は「人は死ぬ定めにある。それを歪めてはダメ。昔のあなたならそうしなかった」と、ミッチェルに言う。ミッチェルと別れたジョージーは、ジョージに会い、彼を止めるよう言う。
ジェイニーに警告に行き、「私はオーウェンに殺された」と告白したアニーだったが、帰ってきたオーウェンは彼女にアニーが見えるのは浮気をした罪悪感からだと言う。そしてアニーのいる前でわざと、婚約中のアニーが居ながらジェイニーと関係を持ったからだと話し、アニーはそれを聞いて打ちのめされる。
ミッチェルは、葬儀屋の地下に匿われている人々を発見。彼らはヘリックらに血を吸われるために囚われてた。事実を知り再び仲間から去ろうとしたミッチェルをヘリックが止めようとしたが、そこへジョージとアニーが来て加勢。ローレンがセスの胸に杭を打って倒し、その隙に4人は逃げ出す。しかし逃げる途中、ローレンは解放して欲しいと、ミッチェルに杭打たれることを望み、彼はローレンのためにそうした。
吸血鬼との戦いで度胸を付けたアニーは、再びオーウェンを呼び出す。平然としていた彼だったが、ミッチェルやジョージの正体を聞き"闇の秘密"を聞くと、恐れた彼は保護してもらおうと警察に自首する。オーウェンに復讐を遂げ、家に見知らぬ扉が現れる。そこを通れば、アニーは成仏できるのだ。しかしそこへヘリックが現れ、ジョージがなんとか追い返すが、ミッチェルは胸を杭で打たれてしまった。


声色変えて一生懸命オーウェンを怖がらせようと練習しているアニーや、セリフや言い方を彼女に指導するジョージが可笑しいし可愛かったです オーウェンが何十にも輪を掛けて図太くて驚きました。アニーが言ってた"闇の秘密"ってなんなんだろう…? 最初からそれ言えばよかったんじゃ? オーウェンがあそこまで悪いやつだと思わなくて、そこまでしなくてもいいと思ったのかな? 本当オーウェンは胸糞悪いヤツだった ジェイニーが犠牲にならなくてよかったです。先週の近所の住民やオーウェンのようなのがいると、ミッチェルが「人間のほうがモンスター」っていうのもわかるわ…
ジョージとニーナはラブラブでいいけど、ミッチェルの周りは切ないです。ジョージーは不死になるのを拒否したし、ローレンも… ローレンが衝動的に仲間にされたことを思うと、また可哀想です。ミッチェルはローレンのことをずっと悔やんで生きていくんでしょうね。
葬儀屋の地下の人々に戦慄! ズタボロだし血だらけだし… 人数が彼らより吸血鬼のが圧倒的に多かったですよね?! どれくらいの頻度と量を吸われてたのかと思うと恐ろしいです 彼らは死ぬまで吸血鬼の糧民にされて、解放されることはないんだろうか…
最後、杭を打たれたミッチェルを助けようとジョージが救急車呼んでたみたいでしたが…大丈夫なんだろうか? レントゲンとかCTとか、検査したら多分映らないですよね? 正体はどう隠すんだろう?(汗)
▽コメントリスト

ルークとの時間を持ちたいサラだったが、彼は打ち合わせやモデル撮影に忙しい。
離婚後にひとりで居たくないジャスティンは、キティとエヴァンに会いに行く。しかしそこにはジャックが居た。キティにジャックが友達以上の存在と告白されたジャスティンは、ふたりきりで過ごさせてやろうと帰っていく。
公益弁護士として働くケヴィンだったが、裁判では連敗中。負けを取り戻そうと寝る間も惜しんで頑張り、そんな彼にスコッティは寂しい思いをする。
電話相談室「ママにおまかせ」の相談員になるよう持ちかけられていたノラは、オーディションを控えて練習中。ジャスティンにも支えられ、オーディションに挑む。手作りマフィン持参でママ振りをアピールするが、オーディションに作家でセラピストのドクター・アレックスことアレクサンドラが現れる。交代で相談を受け審査する予定だったが、アレクサンドラの提案で、ふたり一緒に審査を受けることになる。ノラは助っ人にケヴィンを呼ぶ。質問者がアレクサンドラばかり選ぶのにノラが落胆するのを見たケヴィンは、デヴォンと素性を偽ってノラに相談の電話をする。
サラは最近ルークとの夜の時間が持てないと相談。スコッティの助言でケーキを作っているとルークから電話があり、彼の電話の向こうに女性の声や衣擦れの音を聞く。浮気を疑ったサラはスコッティに付き合わせて現場に向かったが、彼はテントの中で女性と撮影の打ち合わせをしていただけだった。もともとルークがモデルの仕事を引き受けたのは、それを資金に絵を描くためだった。サラが描きかけの絵を虚しく見つめていると、そこへルークが帰ってくる。彼はモデルの仕事を辞めると宣言すると、サラにプロポーズする。
デヴォン(ケヴィン)から得意の料理の相談を受けてノラはやる気を蘇らせるが、アレクサンドラが「どうして贈りたいのか?」など色々と質問を始める。彼女と相談しているうちにケヴィンは、スコッティと上手くいかないのは子供を持てないことが虚しいせいだと気付く。一方ノラは「なんの経歴も資格もない自分はアレクサンドラには勝てない」と、休憩時間後の相談を辞めようとする。そんな彼女にケヴィンは、「5人の子供を育てた実績がある」と、アレクサンドラと戦うよう言う。
ロバートとのことを忘れられないキティは、ジャックと今以上の関係になれず、今の生活は自分と違いすぎると、実家に帰ると決心する。しかしキティが実家に帰えるとノラがいない。キティからそう電話を受けたケヴィンは、彼女に相談中のノラに電話させる。キティからの相談を受けたノラの話し方が「自分の子供に話すようでいい」と視聴者にウけ、ノラの採用が決まる。アレクサンドラはデヴォンやキティがノラの子供だと気付いていた。それを指摘する彼女に、ノラは「助け合った」と返す。子供とお互い話もしない彼女に、ノラはどうやって子供と話すかを助言する。
ノラに家に居たキティのところに、ジャックがやってくる。彼は自分が元LAで働くビジネスマンだったと告白。キティと大差なかったことを告げる。
自分の問題に気付いたケヴィンは、スコッティに「養子を持とう」と話す。しかしスコッティは「準備ができていない」という。彼は数ヶ月前、一度だけ他の男性と浮気をしていたのだ。彼はそれをケヴィンに告白した。


今回は久しぶりにウォーカー家らしいいい話だなぁ~と思っていたら、最後に呆然!愕然! 朝に代理出産のことを「まだ君にその気があるならもう一度…」なんて言ってたから、養子を断るのは、自分たちの血の繋がった子を諦めたくないからなのかと思ってたら…浮気?! あのスコッティが?! 信じられないよ ケヴィンじゃなくても信じられなくて何の言葉が出ませんよ… 
この前の4話でふたりの夫夫生活については触れられてなかったので、すごく唐突な話に感じたんですが、サラとルークみたいに一緒のベッドにいても何ヶ月もなにもなし…っていう状態だったのかな? それでつい寂しくて浮気を…? スコッティはケヴィンのことはいつだって理解しようとしてるけど、ケヴィンはいつも自分だけでいっぱいいっぱいで、スコッティを解ろうとする余裕もないですもんね。ケヴィンは甘えればいい時に意地張ってたりしますしね。そういうのに段々疲れたり寂しくなったりしてたのかな? そう考えても、やっぱりスコッティにはいつものスコッティでいて欲しかったです
いい話だったしケヴィンがうっかり相談事しちゃって笑えたり面白かったのに、最後の最後にどんな爆弾食らわすんじゃ(ノ#`Д´)ノ彡┻━┻ 浮気なら浮気でいいから(本音は嫌だけど)、せめてもうちょっと伏線張れっての… 朝「もう一回やる?」って聞いてたスコッティが、夜「準備できてない」ってなんじゃそら?!って感じ… けっきょくスコッティのことが脚本に書き足りてないんですよね。
▽コメントリスト

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。