Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Archive Mode [2005年12月 ] 記事一覧

 OZ 204 

第12話「恋心」アーリア系の囚人から嫌がらせを受けたゲイのハンロンは、彼を殴ってしまい懲罰房へ。ハンロンが殴った囚人にはバックに看守が付いており、彼はボーゲル(前話でシリンガーのリンチに遭って死んだ囚人)を殺した犯人として自首するようハンロンを脅す。サイードはヒルの裁判が無効になるように尽力するが、私用電話は月に2回までという規則が壁になって思うように行かない。聴聞会でヒルは警官殺しを指摘され、段々...

 OZ 203 

第11話「偉人」囚人の密告で、グリン所長はミゲルが娘を襲った犯人を知っていることを知るが、ミゲルは反抗的な態度で話そうとしない。ヒルの担当だった裁判官が収賄の容疑で逮捕。ヒルは賄賂を払っていたら刑が軽くなったのかとサイードに相談し、サイードはヒルは自由になる可能性があると調査を開始する。調査のため、サイードは電話の受け掛けが自由に出来るようにとマクマナスに訴えるが、特例はないと退けられる。マクマナ...

 OZ 202 

第10話「再生」暴動から約10ヶ月。エメラルドシティは復活した。新たに規則が作られ、囚人たちは各4名ずつの10のグループに分けられる。評議会が設けられ、各グループのリーダーがそれに参加することになった。ヒルはその他のグループとして、ビーチャー、リバドー、新入りのブスマリスと同室となる。第一回の評議会が行われた。殆ど教育を受けてない囚人に、マクマナスは学習することを提案する。マクマナスは作業の免除や面会...

 OZ 201 

第9話「真相」暴動はデブリン知事の送り込んだ機動隊の突入によって鎮圧。死亡者8名、負傷者多数を出す結果に終った。これによりエメラルドシティは一時閉鎖。囚人たちは一般監房に移された。武力で鎮圧したデブリンに世論の批判が集まり、彼は事件の解明のため、調査委員会を発足。法律家のアルバー・ケースが委員長を務めることになった。ケースが調べるうち、スコットが不審な死に方をしたのが判る。流れ弾に当ったのではなく...
進み具合が遅いのでまとめます。- あらすじ -ミス・コロンビア選考会やパーティでの華やかな雰囲気に、自分の居場所が無いように感じたベティは、カタリーナに仕事を辞めると言い出す。だが後任がすぐに見つからず、責任を感じたベティは最後まで仕事をやり遂げることにする。エコモダでは再建のための重役会議が開かれるが、弁護士はベティの書類の不備を指摘し、このままでは差押え停止の手続きができずにエコモダはテラモダのも...

 OZ 108 

第8話「革命」3ヶ月後の仮釈放を控え、一般監房に移されたシリンガー。息子たちと面会するが、彼が居ない間にすっかり麻薬に染まっている様子。ビーチャーに手を出さない事を条件に、シリンガーはエメラルド・シティに戻ってくる。ウィトルジーが煙草の入手に一枚噛んでいることを知ったマクマナスは、彼女に今すぐ止めるよう忠告するが、スコットに脅され辞められない状況になっていた。ゲームを巡って2人の囚人が喧嘩。それが...
オペラ『コジ ファン トゥッテ』パリ・シャトレ座 1992年/イタリア語作曲:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト指揮:ジョン=エリオット・ガーディナー演出:ピーター・マンフォード- あらすじ -「女の貞淑など、不死鳥を求めるようなものだ」というイタリアの士官・アルフォンソ。それに恋人を持つ2人の若者・グリエルモとフェルランドが反論。彼らは恋人の貞節を賭けの対象にする。アルフォンソは若者の恋人・フィオ...

Menu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx