Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Category Mode [シーズン3 ] 記事一覧

第10話「激闘の果て」スパルタカスは軍を分散してそれぞれのリーダーに自分をスパルタカスだと名乗らせ、クラッススを撹乱する。また、戦えない大勢のものを山へと逃がすため、軍を2つに分けてそのうち一組でクラッスス軍を足止めする計画を立てる。クラッスス軍が迫り、スパルタカスは戦えないものを山へ向かわせる。いよいよスパルタカス軍と対峙したクラッススだったが、彼はスパルタカスと話したいという。勝ち目のない戦に...
第9話「死せる者 死にゆく者」殺した偵察隊がポンペイウスの兵だったことを知り、スパルタカスはローマからのポンペイウスの進軍を懸念する。そんな時にクリクススの首を携えたナエウィアがたったひとりで野営地を訪れる。クリクスス軍を破ったとスパルタカス軍に知らせ、彼らを動揺させるためのクラッススの作戦だった。ポンペイウスの騎馬兵がやってきて、クラッススに協力を申し出る。「手柄を横取りする気だ」と反対するティ...
第8話「それぞれの道」スパルタカスたちは尾根を下り、クラッスス軍はその後方に後3日の距離で迫っているが、幾度も追撃がありまた多くの女子供を連れているということもあってなかなか先に進めないでいる。逃げるのに飽き飽きしたクリクススは、死を覚悟で攻撃に出ることを望む。そんな時コーレがクラッススの奴隷だったことが知られてしまい、彼女はスパイだと疑われるが、クラッススの息子に乱暴されて逃げてきたと知ったスパ...
第7話「死の刻印」堀を越えようとするスパルタカス軍だったが、堀が大きく深い上に壁の上から槍や弓の攻撃を受けて進めない。そして背後からローマ軍が迫るが、彼らは指揮官であるクラッススを待ってそれ以上は進軍はしなかった。一向に動こうとしないクラッスス軍に焦れたスパルタカスたちは、夜と吹雪に紛れて少数でクラッススを襲うことを計画。しかし彼らの野営地に向かってみると、そこにあったのはドナールの遺体。クラッス...
第6話「戦利品」シヌエッサがカエサルの侵攻を受け、街に残っていたアグロンたちは抵抗するが、クラッスス軍の増援が現れる。スパルタカスたちも街に戻って加勢するが数に押されて敵わない。ガンニクスとドナールは自ら囮になり、その隙にスパルタカスたちを別の門から尾根へと逃した。クラッスス軍はシヌエッサを奪還した。街奪還の勝利を祝い、祭典を催す計画を立てる。クラッススは街から逃げそびれた反乱軍に虐刑を与えること...
第5話「血の絆」クリクススと溝ができたスパルタカスだったが、ガンニクスと出航する。狙いはシチリアから運ばれてくるクラッスス軍への食料だった。酔った海賊のヘラクレオはそれをカエサルに話してしまい、それがクリクススに知らされる。その頃少数のローマ軍が偵察のためシヌエッサに接近。アグロンが止めるのも聞かず、戦いに飢えたクリクススらは「スパルタカスも戦っている」と門を開けて偵察隊と戦おうとする。しかしスパ...
第4話「極刑」逃亡奴隷がシヌエッサの街に大挙して押し寄せ、スパルタカスたちはますます食料不足に陥る。その奴隷の中に、変装したカエサルが紛れ込んでいた。内部からの情報を得るため、クラッススが送り込んだのだ。スパルタカスはクリクススやガンニクスに新しく来た奴隷を訓練させ、その中に不自然に腕の立つものは居ないか見張らせることにする。カエサルの腕が立つのを知ったクリクススは、ネメテスに見張らせる。ネメテス...

Menu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx