Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Category [シーズン3 ] の記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10話「激闘の果て」
S3E10-01.pngスパルタカスは軍を分散してそれぞれのリーダーに自分をスパルタカスだと名乗らせ、クラッススを撹乱する。また、戦えない大勢のものを山へと逃がすため、軍を2つに分けてそのうち一組でクラッスス軍を足止めする計画を立てる。クラッスス軍が迫り、スパルタカスは戦えないものを山へ向かわせる。いよいよスパルタカス軍と対峙したクラッススだったが、彼はスパルタカスと話したいという。勝ち目のない戦に赴く理由が知りたかったのだ。スパルタカスはそれは自由である自身の選んだ道だと答えた。
S3E10-02.png翌朝、ついに決戦が始まった。スパルタカス軍は進軍してきた敵を罠に嵌めて深い堀に落とし、一方クラッスス軍は大弓と投石機を使ってその場で戦っている味方共々スパルタカス軍を排除していく。クラッスス軍の後方からガンニクスが騎馬部隊を率いて挟み撃ちにするが、クラッスス軍は陣形を変えて側面からの攻撃を始める。次第にスパルタカス軍はクラッスス軍に取り囲まれていった。
S3E10-03.pngスパルタカスと直接対決していたクラッススは、負傷して部下に丘へ搬送される。スパルタカスは単身でそれを追って再びクラッススと直接対決するが、クラッススにとどめを刺そうとした時、クラッススの兵に槍で貫かれる。後を追ってきたアグロンとナシルはクラッススを丘の下に落とし敵兵を倒すと、スパルタカスを救出した。その頃ガンニクスは敵兵に囲まれてカエサルに捕らえられていた。
S3E10-04.pngクラッススは見せしめとするため、アッピア街道沿いに捕まえた捕虜を磔にする。そこにはガンニクスや、ティベリウスを殺し反乱軍に協力したコーレも磔にされていた。ガンニクスは朦朧とした意識の中で、オエノマウスや闘技場で自分の名を熱狂的に叫んで声援を送る人々を見た。同じ頃、山では気を失っていたスパルタカスが目覚める。彼は涙するアグロンに自由のまま死ねることは勝利だと言い、仲間たちが見守る中で息を引き取った。


長いです。毎度文字の色の変わってる部分に画像をリンクしています
S3E10-06.pngスパルタカスが倒れガンニクスは磔に…! 史実で死ぬのは知ってたけど、やっぱり悲しい(´;ω;`) 最後ふたりとも凄い戦いを見せてくれました。特にスパルタカス。これまでガンニクスに比べて戦い振りがあまり見応えがなかったんですが、負傷して部下に連れ出されたクラッススを追って丘に登ってきたスパルタカスと言ったら! 敵の鮮血を浴びながら自らも切られて血だらけでクラッススを追い込む様は、壮絶でまるで戦鬼でした((((;゚Д゚))))コワカッタ… クラッススに優位を取ってたのに、槍を突き通されて突然立場が逆転して絶体絶命になるところは、一瞬にして希望を剥ぎ取られたようで衝撃。背後には取り囲まれる残り少なくなったスパルタカス軍が見え、これまで散々「神は信じない」って言ってたから、最後の最後に神々は、このタイミングで見放すという罰でも与えたのかと思ってしまいました。最期は安らかな表情を浮かべて逝ったから、奥さんが見えてたんだろうか…
S3E10-08.pngそしてガンニクスの最後の戦いは悲壮感に溢れていました。じわじわ敵に囲まれていって気付いたら周り敵だらけで、斬られ刺され剣を落とし膝を付き…と崩されていくのが見てて辛かったです。最期、オエノマウスと闘技場の幻想を見てたのに胸が詰まりました。ガンニクスが一番自分らしく生きてた時期だったんだよね。できることならあの頃に帰りたかっただろうね(´;ω;`) その時思い出されなかったシビルはちょっと可哀想な気もしました(^^; 終盤は彼女が戦うための大義みたいになってた部分もあったので。
S3E10-12.pngクラッススがコーレを磔にした理由がティベリウスを殺したことより敵に協力したからということだったけど、最後も自分の功をポンペイウス譲ってしまったし、何よりローマのためを(そしてゆくゆくは自分のため?)考えてた人なんだなと思いました。そのためには裏切り者には容赦無いし味方の犠牲も厭わないんですが、好きではないけどそういうところは筋が通ってて納得は出来ました。
最後にアンディさん版のスパルタカス登場! 感激しました!
とうとうこのドラマもシリーズフィナーレです。最終回を見るのが辛かったです。悲劇的な内容もなんですが、大好きなのでもう終わりなんだと思うと惜しくて… 久しぶりに熱くさせられたドラマでした。S3で終わらずにせめて後1シーズン欲しかったです。
※腐発言があります。ご注意!
S3E10-14.pngアグロンが自分も戦いたいって言うの、ナシルはきっとわかってましたよね! だって剣が握れなくなったアグロンのためにあんな特殊な武器まで作ってあげてね~ そして「僕の居場所は君の側」って(*´∀`) 健気な子です。思わず抱きしめちゃうよね♡ アグロンももうちょっとナシルのことわかってあげて欲しいな(^^;
S3E10-11.pngカストゥスは海賊のくせにって言ってたら失礼かもですが、けっこう真剣かつ純粋にナシルが好きだったんだなぁ 一日でもいいからアグロンになりたかっただなんて。切ないよね… 無理にナシルを奪うこともしなかったし、一生懸命皆に認めてもらおうとして健気に努力して嫌いじゃありませんでした。
S3E10-10.pngアグロンとナシルが最後まで生きててよかった! あの後もしかしたらまたガンニクスたちのようになるのかもしれないけど、生きてるところで終わったから、そんな中でも僅かな希望を感じられます。もし出来たら、アルプスを超えた向こうで山羊とか飼ってふたりで平和に生きてて欲しいと思ってしまいます(´・ω・`) ふたりは史実のキャラじゃないんだから、どうとでも想像していいですよね?!

おまけ:
すっごいイケメンな憂い顔のガンニクス。
S3E10-13.png
そしていつもの(?)戦いの時のヒャッハーな顔
S3E10-09.png
ガンニクスのことはアグロン&ナシルと同じくらい好きでした。
それから彼とオエノマウスとの"兄弟"愛が良かった(*^^*)
S3E10-07.png
スポンサーサイト
▽コメントリスト

第9話「死せる者 死にゆく者」
S3E09-01.png殺した偵察隊がポンペイウスの兵だったことを知り、スパルタカスはローマからのポンペイウスの進軍を懸念する。そんな時にクリクススの首を携えたナエウィアがたったひとりで野営地を訪れる。クリクスス軍を破ったとスパルタカス軍に知らせ、彼らを動揺させるためのクラッススの作戦だった。
S3E09-02.pngポンペイウスの騎馬兵がやってきて、クラッススに協力を申し出る。「手柄を横取りする気だ」と反対するティベリウスに、カエサルはポンペイウス軍と組んでスパルタカス軍を挟み撃ちにするようにと、組んで戦うよう薦める。それに辺り、まずは側近に相手の意図を探らせるよう言い、カエサルはその役にティベリウスを推薦する。しかし出向くよう言われた場所にティベリウスが赴くと、そこに居たのはポンペイウス軍ではなく彼らに成りすましたスパルタカスたちだった。その後本物のポンペイウスの使者がクラッススを訪れ、クラッススは最初に来た使者が偽物だったことを知った。
S3E09-03.pngスパルタカスは野営地を闘技場に見立て、クリクススたちローマに犠牲になった者たちを讃えようと、捕らえたティベリウスたちを闘技試合で処刑することにする。スパルタカスやガンニクス始めかつての剣闘士たちがローマ兵を次々と処刑。ナエウィアもクリクススの仇であるティベリウスとの試合を始めるが、そんな時にカエサルがティベリウスと捕虜500人を交換するというクラッススの意向を伝えに来る。ティベリウスは帰されることになったがコーレはそれを許せず、引き渡し場所で彼を殺害。代わりに自分が取引の材料になった。スパルタカスは戻った仲間と一緒に、皆でクリクススやこれまでに散った仲間たちを弔い、改めて自由を勝ち取る決意をした。


ナエウィアはコーレに「逃げるときになぜクラッススを殺さなかったの? そうしたらクリクススは死んでなかった」って言うけどそんな無茶な… クラッスス殺してたら自分も殺されてるよね… ナエウィアは相変わらず自分勝手なことばっかり言う人だわ(-_-;)
S3E09-04.png十分の一刑でも追悼試合でも助かってティベリウスも運が強いと思ってたら! コーレも自分勝手だなぁ… 息子が嫌で逃げただけで、本当は帰りたかったんですね。でもさすがに一度裏切ったから、クラッススも愛は残ってても前みたいに信用はできませんよね。てかいくら愛奴でも息子の代わりにはなれませんよ… カエサルは絶対最初の使者が偽物って気付いてましたよね~ じゃなきゃティベリウスじゃなくて自分が行ってたと思います。
S3E09-05.pngガンニクスは根っからの剣闘士って感じ。相変わらず楽しそうに戦ってるなぁ ローマ兵ふたりを相手にしたスパルタカスに張り合って自分は3人。彼も元カプアの王者ですしね。負けていられません( ´ー`) わざわざ崖のギリギリのところに立って戦うとは、3人相手でも余裕だからというパフォーマンスなのか。
S3E09-06.pngクリクススの葬儀のシーンはこれまで見てきたファンとしては感動!(TдT) 皆がそれぞれ家族や恋人、友人の名前を口にするのが良かった! スパルタカスは奥さんのスーラに親友のウァロ、そして恋人だったミラ。ガンニクスは親友のオエノマウス。アグロンは弟ドゥロ。それからドナール、ラスコス、リスクス… かつてのシーンが思い出されました。最後は皆一斉にクリクススの名を叫んでスパルタカスが決意表明。史実なのでどうなるかわかってても、勝利を願わずには居られません。
※腐発言があります。ご注意!
S3E09-10.png拷問や磔の酷い傷で無事とはいえないけど、アグロンが生きて帰ってこられてよかった(´;ω;`) いやもう本当離れるべきじゃなかったですよ! アグロンはナシルに「お前は俺が守る」とか言ってたのになんで離れてんのよ、嘘つき~ヽ(`Д´#)ノ クリクススと行くのはより危険だから、アグロン的には離れることが守ることに繋がってたのかもしれないけどさ… アグロンも手を怪我して(筋ヤラれて?)剣持てなくなっちゃったし、これからはナシルに守ってもらうといいです! ナシルもかなり強くなりましたからね。冗談じゃなくて守れるんじゃ?!

第8話「それぞれの道」
S3E08-01.pngスパルタカスたちは尾根を下り、クラッスス軍はその後方に後3日の距離で迫っているが、幾度も追撃がありまた多くの女子供を連れているということもあってなかなか先に進めないでいる。逃げるのに飽き飽きしたクリクススは、死を覚悟で攻撃に出ることを望む。そんな時コーレがクラッススの奴隷だったことが知られてしまい、彼女はスパイだと疑われるが、クラッススの息子に乱暴されて逃げてきたと知ったスパルタカスは彼女を受け入れる。
S3E08-02.pngクラッススから目立たないようするために、スパルタカスはアルプスを越えてその後散り散りに別れようと計画を立てる。しかし復讐したいクリクススはローマへ進軍することを望み、叶えられなければ自分に賛同するものを連れてスパルタカス軍を離れると言う。その強い決心に、スパルタカスにはクリクススを阻むことは出来なかった。スパルタカスはクリクススのために集落を襲撃してそこで宴を開く。翌朝クリクススたちはローマへと発った。考えを同じくするアグロンも、「お前には生きていて欲しい」とナシルをスパルタカスの元に残して彼に付いて行った。
S3E08-05.png反乱軍が二手に別れたことで、アルプスへ向かうスパルタカス軍とローマへ向かうクリクスス軍のどちらを追うか、クラッススは決断を迫られる。ローマへ向かったクリクスス軍は行く先々で勝利を揚げ、アッリウス軍を倒せばローマは目の前まで来ていた。クリクススがアッリウスを倒しローマへ迫ろうとした時、クラッスス軍が増援に現れる。アグロンは倒れ、ティベリウスの槍に倒れたクリクススも、ナエウィアの前で彼に首を刎ねられた。


S3E08-04.png再三ローマに進軍して戦いたいと言っていたクリクススは遂にスパルタカス軍から離れることに。そして別れたと思ったらもう倒されてしまうなんて早すぎです(´;ω;`) いや、劇中では何日も経ってるんだろうけど。首を斬られる直前のクリクススの悟ったみたいな表情が悲しかった… 口には出さなかったけど、ナエウィアに「来世で会おう」って言ってたのかな… ナエウィアのせいで好感度下がってましたけど、S1からずっと出てるメインのキャラで愛着もあったのですごく悲しいです。
S3E08-03.pngローマを案じたクラッススがクリクススを追うと決断して、結果的にクリクスス軍が囮になってスパルタカス軍は逃げることができたんですが、戦力をかなり失ったのでもう戦えそうもない様子(-_-;) で、今回でクリクスス軍を倒したからクラッススは確実にスパルタカスを追ってきますよね。彼らの先のことを考えると悲しくなります…
S3E08-06.pngコーレのことでティベリウスを脅し言うことを聞かせようとしたカエサルが、逆にティベリウスに襲われて強姦されることに(゚д゚)! またしても斜め上を行くティベリウスの行動に驚き! 翌日クリクスス軍に向かって進軍したんですが、カエサルだけ馬に乗ってなかったので可哀想だけど笑ってしまいました。ティベリウスは「歩兵として軍をまとめるよう命じた」って言ってたけど、きっとティベリウスにヤラれたお尻が痛くて馬に乗れなかったからなんだろうね(^^;
※腐発言があります。ご注意!
S3E08-12.pngカストゥスがナシルに「気づかれないように俺の方見てるだろ?」って! 確実に気のせいか自意識過剰だから、それ!('A`;) だよね?!
やっとナシルと仲直りして元通りになったと思ったら、ナシルを置いてっちゃうんですね、アグロンは(´;ω;`) ナシルの泣き顔別れのキスは見てて辛かった…
S3E08-11.pngアグロン倒されちゃったけど死んでないよね? 致命傷ではなかったように見えたけど。ナシルは隠れてアグロンに付いてっちゃえって思ったけど、こういう結果なら付いて行かなくてよかったのかな(´・ω・`) 生きてるなら助けられるかもしれないですしね。

第7話「死の刻印」

S3E07-01.png堀を越えようとするスパルタカス軍だったが、堀が大きく深い上に壁の上から槍や弓の攻撃を受けて進めない。そして背後からローマ軍が迫るが、彼らは指揮官であるクラッススを待ってそれ以上は進軍はしなかった。一向に動こうとしないクラッスス軍に焦れたスパルタカスたちは、夜と吹雪に紛れて少数でクラッススを襲うことを計画。しかし彼らの野営地に向かってみると、そこにあったのはドナールの遺体。クラッススはスパルタカスが襲ってくることを予想していた。ローマ兵に待ち伏せされたスパルタカスたちだったが、精鋭たちの力でなんとか逃げおおせた。
S3E07-02.png嵐が襲来。皆を避難させていたガンニクスは、風を防ぐものが何もない場所でシビルたちが神に祈りを捧げているのを見る。気を失った彼女をガンニクスは運んで助けるが、翌朝彼女と祈っていた者たちは凍死。その晩スパルタカス軍の野営地では1000人近い凍死者が出た。
スパルタカス討伐後に、自分を犯したティベリウスと一緒にシヌエッサに残されると知ったコーレは、同じくティベリウスを疎ましく思っているカエサルに協力させて野営地に行く。しかしクラッススは「どんな息子の失態も父は許してしまうものだ。ティベリウスを支えてくれ」と言い、説得できないと考えたコーレは密かに野営地を出ていき、スパルタカス軍に紛れ込む。
S3E07-04.pngクラッススに出し抜かれたことで、クリクススは余力のあるうちに総攻撃を掛ければ良かったとスパルタカスに訴える。「死に急ぐだけだ」と反対していたスパルタカスだったが、壁の向こうには実際は大軍はおらず居るように見せかけているだけではと考え、壁に向かって攻撃を掛けることにする。スパルタカスら数人が偵察に行くとやはりそこには数百の兵しかいない。スパルタカスは一斉攻撃を行い、壁の向こうの野営地を占拠した。その報せを聞いてクラッススが奪われた野営地に近づくと、渡れるはずのなかった堀を埋めていたのは沢山の反乱奴隷たちの死体だった。


S3E07-05.png街にいた頃は季節感がよくわからなかったけど、すでに秋ぐらいだったのかな? もしくは標高が高い? 尾根に行った途端雪が舞ってて真冬のようorz 皆薄着なので余計に寒そうです((((-Д-;))))ブルブル ルーゴなんて殆ど裸で見てるだけで寒いからなにか着せてやって欲しい…
深くて幅広い大きな堀を埋めるのに前夜凍死した仲間の死体を使うとは…(゚д゚)! こういう発想はありませんでした。さすが… ずっと攻撃したかったクリクススも満足できて敵の野営地も手に入れて、これで形勢がマシになったかな?
S3E07-06.pngティベリウスはコーレをどう思ってるのかよくわからないところがある… 単純に好きというわけでは無さそう。サビヌスと引き離されたように、父親からコーレを引き離したいだけなのか。幼い時からコーレに面倒見てもらってたこともあって感情は複雑そう。
S3E07-07.pngガンニクスとシビルが急接近! 前回ガンニクスは自分がシビルに大きな影響を与えたのを知って、それに自分の心が動かされたみたいな? 責任も感じてるのかな? こうなるとザクサがちょっと可哀想(´・ω・`) 最初ただのセフレかと思ったら、嵐で避難呼びかけに行って行方不明になったガンニクスのことを本気で心配してたし。まぁ別れるって言ったら割とあっさり別れそうなタイプじゃないかと思うけど。
※腐発言があります。ご注意!
S3E07-08.png「いい加減しないとさすがに僕も愛想を尽かすよ」(吹き替え)って言われてしぶしぶカストゥスの手枷を外すアグロンw いやもう本当いつまでも拗ねてると愛想尽かされちゃうよね(^^; ナシルの頼みだからって嫌々聞いたせいか、笑顔のナシルに「そんな顔はやめろ」って言ってて笑ったw ふたりは仲直りしつつあるんですよね? そうでないと困るんですが…
S3E07-10.pngカストゥスに手枷外してって言われた時にアグロンが視界に入って目を泳がせてたナシルが可愛い( ´∀`) なんてかあのちょっと困った感じが! ナシルがカストゥスに同情的なのは、自分もアシュールと同じシリア人だからって警戒されてたことがあったからっていうのもあるのかな? まぁあんなに好意持たれたら、悪い気はしないよね。

第6話「戦利品」
S3E06-01.pngシヌエッサがカエサルの侵攻を受け、街に残っていたアグロンたちは抵抗するが、クラッスス軍の増援が現れる。スパルタカスたちも街に戻って加勢するが数に押されて敵わない。ガンニクスとドナールは自ら囮になり、その隙にスパルタカスたちを別の門から尾根へと逃した。クラッスス軍はシヌエッサを奪還した。
S3E06-02.png街奪還の勝利を祝い、祭典を催す計画を立てる。クラッススは街から逃げそびれた反乱軍に虐刑を与えることにし、それをティベリウスに仕切らせる。クラッススはラエタを呼んでスパルタカスへの評価を聞き出すと、彼女をスパルタカスに協力した裏切り者としてヘラクレオに協力の謝礼として与えた。
S3E06-03.png街に火を点けているとき元奴隷のシビルを見つけたガンニクスは、彼女を連れて逃げる。途中ヘラクレオたちがラエタを連れて街から出ようとしているのを見て、彼がクラッススから与えられた通行証を奪うことを計画する。それがあればローマ兵でなくとも街を出入りできるのだ。ヘラクレオたちを襲って通行証を奪ったガンニクスは、ヘラクレオに成り済ましラエタとシビルを連れて門に向かった。
S3E06-04.png祭典も佳境に入り、ティベリウスが反乱軍の生き残りを次々と残虐な刑に処する。ティベリウスは密かにドナールの手枷を外し、彼を自らの手で処刑しようとしたカエサルを殺させようとするが失敗する。馬を見つけて街から出ようとしたガンニクスたちは、祭典が終わって出てきたカエサルに見つかってしまう。ラエタが槍を受けてしまったが、3人はどうにか街から逃げおおせた。尾根ではスパルタカスたちが、クラッスス軍に造られた壁と深い堀の前で立ち往生していた。それはスパルタカス軍を追い込むためのクラッススの作戦だった。


S3E06-08.png今回はガンニクス回! 戦闘に、救出にと、単独でローマ人相手に大活躍で、ガンニクスファン必見! 格好いいです(≧∀≦) さすがゴッド・オブ・アリーナで主役だっただけのことはあります!
S3E06-05.pngシヌエッサの奴隷解放以来、主人を殺したガンニクスを救世主のように崇めてストーキングしてたシビル。今回もまた助けてもらってますますそれに拍車がかかりそう(^^; まぁ前よりはガンニクスにウザがられてないっぽいのでチャンスあり?!
S3E06-06.pngR.I.P.ドナール… (主に見た目が)好きでした(´;ω;`) S2からいつの間にかアグロンの側にくっついてたキャラでしたが。斧使いだから剣はちょっと不利だったかな? 敵に殺されずに自分で死ねただけでもあの状況ではまだマシだったのかもしれません…
同胞でも目的のために虐殺するクラッススですから、ラエタが「市民を守るためにスパルタカスに協力した」って言っても聞いてくれないですよね… 「敵に協力するくらいなら死ね」というのがクラッススの考えじゃないかと思います。その辺も他の指揮官たちと違ってたんだろうな。元老院が彼をあまり評価してないのも、そういうダーティなところがあるからじゃないだろうか。
S3E06-07.pngカエサルはさっぱりしてイケメンに! 生意気で自信過剰な性格はそのまんまですけどw 彼にチクチク皮肉や嫌味を言われるティベリウスは可哀想… 一回くらいカエサルを凹ましてやって欲しいけど無理かな(^^;
クラッススはいつの間に尾根に壁と堀を造ってたんだ(゚д゚)! 通りで余裕な表情してるはずだった… これまでローマに優位だったスパルタカス軍も、クラッススを前に厳しい戦いが予想されるのが辛いです(>_<;)
※腐発言があります。ご注意!
S3E06-09.pngカストゥスはヘラクレオの裏切りのとばっちり受けて拘束されてしまいました。飲み過ぎてぶっ倒れてて裏切ったのを知らなかったって(^^; でもまぁ仕方ないよね。このことでまたアグロンとナシルの間に溝が深まってしまわないか心配orz いい加減仲直りして欲しいのに…(´・ω・`)

第5話「血の絆」

S3E05-01.pngクリクススと溝ができたスパルタカスだったが、ガンニクスと出航する。狙いはシチリアから運ばれてくるクラッスス軍への食料だった。酔った海賊のヘラクレオはそれをカエサルに話してしまい、それがクリクススに知らされる。その頃少数のローマ軍が偵察のためシヌエッサに接近。アグロンが止めるのも聞かず、戦いに飢えたクリクススらは「スパルタカスも戦っている」と門を開けて偵察隊と戦おうとする。しかしスパルタカスが帰り、「命令に背けば門の外へ締め出す」と激怒。ますますクリクススとの溝が深まろうとした。
S3E05-04.pngスパルタカスは捕虜が殺されないようにと、彼らを解放して門の外へ出す。自分たちの情報が捕虜から漏れてしまうのを恐れるクリクススだったが、それはスパルタカスの作戦だった。仲間割れして一方は街に残り他方はシチリアへ渡ったという偽の情報が伝わるよう仕向けたのだ。クラッスス軍にはシチリアへ向かわせ、スパルタカスは街に戻ったと見せかけてシチリアへ引き返し、尾根に向かったクリクススとクラッスス軍を挟み撃ちにするのが目的だった。
S3E05-03.png十分の一刑の後、奴隷と娼婦が住む野営地に送られたティベリウスは、無為な日々を過ごしていた。その姿に彼の父クラッススは心を痛め、愛奴のコーレはそれを見てティベリウスを力付けようとする。しかしティベリウスは父に十分の一刑で親友サビヌスを奪われた仕返しにと、父の愛するコーレを無理やり犯した。
S3E05-05.pngクリクスス率いる一団は尾根へと出発。スパルタカスの一団もシチリアへ向かうはずだったが、第一陣を送っていった船が帰ってこない。やっと船が到着したが、そこにはローマ兵が隠れていた。スパルタカスの作戦はカエサルを通じて漏れており、スパルタカスより多額の金を出されてヘラクレオが寝返ったのだ。カエサルはそれを期にその一部の兵を連れてシヌエッサに侵攻。海からローマ軍の船が押し寄せるのを見たスパルタカスは、尾根への退却を決めた。


S3E05-06.pngクリクススにスパルタカスの意図が伝わって、やっと和解して作戦通り挟み撃ちに…と思っていたら、逆に尾根に追い詰められることに(((( ;゚д゚)))) 海賊を抱き込みスパルタカスの作戦を逆手に取ったクラッススの戦法、さすがです(・_・;) そしてカエサルには皆だまされてしまいましたorz まさかあのローマ人虐殺を扇動したのが同じローマ人だとは思わないよね…
ヘラクレオ、やはり金で動く奴は信用出来ないヽ(`Д´#)ノ ローマ人からちまちま金を強奪してるスパルタカスたちよりクラッススのが金があるからなぁ… 浜辺で最初の取引をした時に一緒にローマ軍と戦ったから、スパルタカスは信用しちゃったのかな…
メテッルス、金も兵も出さないのに早く進撃しろってうるさく口だけ出しにくる(^^; 彼も上からせっつかれてるようで、気の毒な中間管理職ではあるんですが。この頃って、戦略を用いずに真っ向勝負っていうのが美徳だったりする?
ティベリウスは落ち込んでたと思ったら斜め上の行動(゚д゚)! クラッススに知れたらどうなるのか… クラッススのことはもうお父さんじゃなくて"インペリアル"(軍の指揮権を持つ者)なんだろうか…
S3E05-08.png※腐発言があります。ご注意!
アグロンはナシルがカストゥスといたことをまだ怒ってる… で、「命令したのにカストゥスと会ったからだ!」「命令?! 僕は奴隷じゃない!」って喧嘩ですよ(-_-;) 偶然会ったって言ってるのに。ナシルが可哀想だし、残りの話数が少ないんだからとっとと仲直りしてください(ぉぃ

第4話「極刑」
S3E04-01.png逃亡奴隷がシヌエッサの街に大挙して押し寄せ、スパルタカスたちはますます食料不足に陥る。その奴隷の中に、変装したカエサルが紛れ込んでいた。内部からの情報を得るため、クラッススが送り込んだのだ。スパルタカスはクリクススやガンニクスに新しく来た奴隷を訓練させ、その中に不自然に腕の立つものは居ないか見張らせることにする。カエサルの腕が立つのを知ったクリクススは、ネメテスに見張らせる。ネメテスはカエサルがローマ人かを知るため、ローマ人の女を犯させる。カエサルは彼女を犯さず、彼女の望む通り死を与える。ネメテスはカエサルが女を殺したのを知り、彼を仲間と認める。
S3E04-02.png逃亡した兵士たちに自分の命より命令が重要であると思い知らせるため、クラッススは兵を罰することにする。処罰の方法は"十分の一刑"。10人毎の兵士の中から白い石を引き当てた兵が、その他の9人の兵に撲殺されるというものだった。クラッススはそれにティベリウスも参加させる。ティベリウスが引いたのは黒い石だったが、親友で部下のサビヌスが白い石を引いてしまう。最初は手を出せずにいたティベリウスだったが、最後にはサビヌスにとどめを刺した。
S3E04-03.pngラエタがパンを運んでいるのを見た奴隷のシビルは、ガンニクスにそれを知らせる。ウルピアヌスたちが馬屋に匿われてるのを見たガンニクスは、「アッティウスが捕虜を逃した」と嘘を言ったナエウィアを責めると、そのせいでクリクススと争いになる。「ローマ人だから殺した」と言うナエウィアに、食料不足のこともあって不満を抱えていた仲間たちは賛同。皆は捕虜を殺し始めた。クリクススがラエタを殺そうとした時、スパルタカスが「ローマ人と同類にはなりたくない」と止める。不満なクリクススやナエウィアは、スパルタカスが導く道から外れようとしていた。


S3E04-04.pngナエウィアがもう滅茶苦茶(-_-;) 嘘は吐くはバレたら開き直るはガンニクスは石で殴り倒すは… クリクススも彼女に引き摺られてスパルタカスに反抗しようとしてるみたいorz クリクススはナエウィアの常軌が逸してるのを感じてはいるけど、傷ついたせいだからと思ってるみたいで諌めることもしないで言いなり。これからクラッスス軍と戦わないといけないのに、こんな様子で勝てるんだろうか… アッティウスのことでナエウィアにチクチク嫌味を言うガンニクスに、思わず同意してしまいます。アッティウスがいれば武器も自前で作れたのに… 鉱山からナエウィアを助け出した時にも大勢死んだし、この人ひとりのためにどれだけ損害を受けたか。クリクススもこのままだったら、もういいからふたりして消えて下さい、って思ってしまいました(-_-;)
ガンニクスがクリクススと戦うシーンが格好良かった(´Д`*)! クリクススを押さえつけつつ体を反転させてナエウィアの足引っ掛けて倒したり、絞め技、回し蹴り、関節責めと技がポンポン出て見応えがありました! ガンニクス役のダスティン・クレアさんは格闘技の経験でもあるのかな? なくても元々の身体能力が高い? 途中までですが、ちょうど公式の動画があったので貼っておきます。

回し蹴りするところが好き(*´∀`) 鮮やかな蹴りで見惚れる♡ ところで、皆ガンニクスvsクリクススに注目してて、首絞められてるネメテスがカエサル以外誰にも気付かれてなかったのが気の毒…
S3E04-05.pngサビヌスは逃亡したんじゃなくてティベリウスが負傷したから連れ帰っただけなのに… 十分の一刑ってかなり残酷… 打たれる方はもちろん仲間を打つ方もキツい。実在した刑っていうのが恐ろしい(>_<;) 恐怖で支配するやり方ですよね。実際よくあった話みたいですが、クラッススはそのうち戦闘中に背後から(仲間に)刺されるかもしれません。仲間を打つといえば、強固に相手に信じこませる必要があったんだろうけど、カエサルは自ら暴虐の音頭を取ってしまって、内心どうだったんだろう。「これもスパルタカスたちのせいだ」と憎しみに変えてるんだろうか…
S3E04-06.png※腐発言があります。ご注意!
たまたまナシルがカストゥスといたからって「一緒に居たいんだろ」ってアグロン(^^; 前回ナシルが「僕の心は君だけのもの」って言っていちゃついてたのに… 信じてあげてよ(´・ω・`) 今回あんまり一緒のシーンもなかったので寂しいです。
ところで、ガンニクスって雄っぱいすごいよね…

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。