Always Have, Always Will

トーチウッド、OZ、ブラシス、スパルタカスなどの海外ドラマを中心に感想(という名のツッコミ)を書いています。

Category [ラストエンペラー ] の記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LastEmperor_9.jpg
左:陳宝琛、右:溥儀

第九話「思想改革」
洋風文化に慣れ親しんだ溥儀は、ある日洋服を着ようと思い立ち、宦官に準備させる。早速スーツを着たのはいいが、洋装には似合わぬと、辮髪を切ってしまう。それを見た皇太妃らは、これはジョンストンの影響と彼を追放しようとするが、醇親王は「ジョンストンはいざというときの民国政府との交渉役になる」と、彼女らを説得する。
清朝復興のため、外国からの協力を得ようとした溥儀は、手始めに、関東大震災で打撃を受けた日本への援助物資する。溥儀は、鄭考胥から日本の皇帝(天皇)がこの援助に深く感謝していたと聞き、ますます外国との繋がりを深めようと決心する。
紫禁城に電話が引かれ、電話帳で新思想の胡適の電話番号を見つけた溥儀は早速彼に電話。そして、外国へ留学したいと胡適に相談する。
溥儀の留学の話を聞いた皇太妃らは、皇帝がいなくなっては優待遇でなくなると心配し、陳宝琛は溥儀の留学を思い留まらせようと、溥儀の結婚を提案する。その提案に乗った皇太妃らは、早速溥儀のもとへ后候補の写真を持参する。皇太妃らに后を選ぶよう執拗に言われた溥儀は、嫌々文繍と皇太妃らの推薦の強い碗容を選び出す。
1922年冬、溥儀は皇后に碗容を、皇妃(側室)に淑妃・文繍を迎えた。


やはりジョンストンは恨みを持たれたか… 皇太妃らに辮髪を切ったことを責められた溥儀ですが、ならばと彼が醇親王の帽子を取らせると、すでに辮髪を切り落としていたので笑えました。これでは溥儀に何もいえないですよね(笑) 前髪も伸びてたので、結構前に切ったようです。民国政府に言われたかららしいですが、なんつープライドのなさ…orz 根っから争うのが嫌いみたいです。
溥儀が胡適を呼んだ際、胡適に倣って口語の詩を披露したのですが、単に写実的で、だからなにが言いたいの?と思わせるような出来。一瞬どう感想を言おうか、胡適も躊躇っていたように見えました。
紫禁城に電話が引かれると、溥傑が別の部屋から溥儀の部屋へ電話。それで思いつき、あちこちにイタ電…orz 名を騙って満貫全席を注文してました。お店と騙られた人がお気の毒…
陳宝琛は解雇されたかと思いましたが、出てきたので安心しました。年取ってからの失業って、なんだか可哀想で… でもいくら清朝のためだとはいえ、私事に口を挟むのはちょっとどうかと。皇太妃らにいらん知恵を付けます。出身と写真だけで会いもせずに結婚相手を決めるなんて、当時としては当たり前なんだろうけど、不安なことです。
スポンサーサイト
▽コメントリスト

LastEmperor_8.jpg
中央:溥儀(陳道明)、右:ジョンストン

第八話「西洋文化」
鳩を追って城内を走り回る溥儀は、城壁から市民が自転車に乗っているを見かける。早速自転車を手に入れ練習する溥儀だったが、門の敷居がじゃまで、それを切るよう命令。「先祖の遺産」という醇親王の言葉も聞かず、切り取らせてしまう。
イギリス人教師ジョンストンに会いたくないという溥儀だったが、醇親王の「清朝復興に外国人が役立つかも」と言われ、会うことにする。外国人ながら中国茶の歴史や詩に造詣が深いジョンストンに感銘した溥儀は、彼を宮内教育係に任命する。
清朝を復興させたいと話す溥儀に、ジョンストンは「外国の力を借りればよい」という。それを聞いた溥儀は、軍閥の後ろ盾となっている外国勢力と、直接手を結ぶことを考える。
ジョンストンと過ごすようになった溥儀は、彼の影響を受け、生活に西洋文化を取り入れ始める。


20年アジアに滞在して、中国にも詳しいジョンストンはすっかり溥儀に気に入られ、宮内教育係に任命されましたが、陳先生はどうなっちゃったんでしょう? まさか首に…? ストーリーとは関係ないけど、なんだか心配になってしまいました。
宦官たちはジョンストンの言うことを聞いている溥儀を見て、「溥儀に(自分たちにとって)良からぬ入れ知恵した」とジョンストンに恨みを持っていそうです。
頣和園の石船、あれは大理石で出来てたんでしたっけ? 豪華でした。
クラシックを聞きながら、溥傑とダンスを踊る溥儀が楽しそうで、微笑ましかったです。有名な門の敷居を切らせるシーンがあったのですが、好奇心旺盛な若者を無理に城に閉じ込めてるんだから、それくらいしてやってもいいじゃないかと思ってしまいました。

LastEmperor_7.jpg
溥儀

第七話「帝国復活」
北京に到着した元帥の張勲は、その足で溥儀の元へ挨拶に向かう。そして清朝復興の準備が整ったと報告する。
張勲は、康有為に帝位復活の詔書を書かせる。重臣を前に、兵を使って半ば脅すように、共和制を廃して清朝を復興させることへの賛同を求める。
1917年7月、溥儀は清朝の皇帝の座に返り咲いた。だが10日後、早くも段祺端、馮国璋らが反乱を起こす。頼みの張勲はオランダ公使館に逃げてしまい、清朝は再び転覆した。
溥儀が皇帝としていられるのは、もはや紫禁城の中でだけだった。退屈の余り溥傑と外へ出ようとした溥儀だったが、皇太妃に外出を禁じられているからと宦官らに止められてしまう。


清朝が復興し、喜んだのもつかの間、たった10日で再び倒されるとは… 「三日天下」ならぬ「十日天下」でした…orz 今回は紫禁城を追い出されなかっただけいいのかもしれません。以前と変わらぬ暮らしぶりを見ると、年間の生活費も支給されてるようです。
お父さん(醇親王)は本当に頼りないです。馮国璋らの反乱で砲撃にあったときも、真っ先に溥儀が頼ったのは陳先生でした。
とうとう籠の鳥のようになってしまった溥儀。彼が「外に出たい」などとわがままを言う度、もうその権威が紫禁城外では通用しないことを言うに言えない張謙和の沈痛な表情がたまりません。(張謙和役の牛星麗さん、上手い!)ただただ皇帝に詫び、諦めるようお願いするしかなくて、本当に辛そうです。溥儀も解ってるけど、受け入れることができないんだろうな、と思うと可哀想でした。
今回終わりのほうで、溥儀役が、HERO-英雄-の始皇帝役やインファナル・アフェア3のシェン役でおなじみの陳道明さんに変わりました。若い!ってか美青年! 今も美中年だけど…

LastEmperor_6.jpg
中央:溥儀、右:張謙和

第六話「天無二日」
中華民国の皇帝になった袁世凱は、溥儀を親王に封じるという。一族の存亡は袁世凱に掛かっているため、その話を受けるよう皇太妃は説得するが、溥儀は「皇帝は僕だ」と聞き入れようとしない。両親も説得を試みたが失敗。皇太妃に「(皇帝を)こんなに甘やかして」となじられ、清朝の終わりを前に失意した溥儀の母親・瓜爾佳氏は、アヘンの飲んで自害する。教師の陳宝琛は、清朝再興のため、今は耐えるよう溥儀を説得する。
1916年6月、国内外から批判を集めた袁世凱は悲悶のうち病死。溥儀は紫禁城を出る必要がなくなり、生活も元に戻った。ある日溥儀は、康熙帝の誕生日が大和殿で祝われる様子を描かれた巻物を見たが、大和殿を含む三大殿が国民政府の管理下にあると知らされ、ショックで寝込んでしまう。
1917年、袁世凱を欠いた国民政府は分裂。その隙を縫い、元帥の張勲が清朝復辟に尽くすため北京へと赴いた。


溥儀の母親・瓜爾佳氏は気の毒と言う他ありません。2歳の子供を取り上げられて、その後碌に会っても居なかったのに、その子供の躾のことでなじられるとは。お母さんが必死に説得してたのに、ここでもお父さんの醇親王はまともに話せずじまい。役立たずです…orz
祖母の劉佳氏は、完全にボケてしまったようで、うわごとのように溥儀を呼び続けて可哀想でした。本を読むと、まともな性格の彼女は、西太后とはかなり仲が悪かった模様。妹の息子や溺愛していた孫を取り上げたのは、嫌がらせの意味もあったのだろうかと思ってしまいました。
共和制のはずなのに皇帝になるってどうなの?と思ったら、袁世凱は「中華帝国」にしていた模様。当然、国内外から批判の嵐です。しかしこんなところで亡くなるとは、意外と神経が太くなかったんですね。「83日の天下」ということでしたが、即位してから亡くなるまで半年はあります。どうやら3月頃に退位したようです。
▽コメントリスト

LastEmperor_5.jpg
左:張謙和、中央:溥儀

第五話「臣君倫理」
中華民国に変わっても、紫禁城の中では以前と変わらぬ生活が続いていた。皇帝と崇められすっかり我が侭に育った溥儀に、張謙和ら宦官たちは手を焼き、今や溥儀を押さえられるのは乳母だけとなった。
清朝の再興を目差す隆裕皇太后は、陳宝琛に厳しく溥儀を教育するよう任せる。学友に溥傑と毓崇を向かえ、溥儀の教育が始まる。溥傑らと遊ぼうとする溥儀を、陳宝琛は「君は君らしくあるべき」と嗜める。
1915年12月、袁世凱が中華民国の皇帝に即位。溥儀らは、紫禁城を明け渡し頣和園へ移るよう言われる。隆裕皇太后は心労の余り倒れ、そのまま崩御する。


皇帝としてやっと自覚ができたところで、袁世凱からの退去命令。頼みの隆裕皇太后まで亡くなってしまいました。憎たらしいわがままガキに育った溥儀ですが、こうなると哀れです。これで醇王府に帰れればいいのですが、頣和園でまた"皇帝ごっこ"するんでしょうか。
醇親王は今回出てきませんでしたが、完全に隠居生活に?
中華民国は共和制のはずなのに、袁世凱が盛大に皇帝の即位式…ってこれでいいのかと(笑) 孫文さんは影で怒ってないでしょうか?(彼も何処に?)
今回クレジットに元皇弟溥傑さんの名前が! そういえば、溥儀から「黄色は皇帝の色だ!」と責められるシーンは実話だそうです。自分の意思じゃなくて多分親やお付の宦官に服着せられてるだけなのに、叩かれてしまった溥傑は可哀想でした。

LastEmperor_4.jpg
溥儀(張萌)

第四話「辛亥革命」
馮国璋が率いる新軍が初戦に勝利したと聞いた袁世凱は、進軍を止めるよう命令。朝廷と革命党とを対峙させ、双方を使って互いを脅し、利益をせしめようというのだ。
進軍を止めたことを早速大臣らに責められる袁世凱だったが、食糧や武器が足りないと援助を申し出、隆裕皇太后が国庫が空だというと、大臣らに献金するよう言う。
1911年、孫文が帰国し、中華民国を建国。臨時の大統領として就任する。袁世凱は密かに孫文と交渉。孫文は「皇帝が退位し、共和制を宣言したら大統領を辞任する。後任に袁世凱を推す。」と約束する。それを聞いた袁世凱は、進軍で朝廷に圧力を掛け、皇帝の退位を迫る。1912年2月、隆裕皇太后は皇帝の退位を決定。溥儀は退位し、268年の長きに渡る清の統治が終わった。醇親王は、亡き先帝・光緒帝の遺詔を燃やした。
10月、袁世凱は中華民国大統領に正式に就任した。


清朝が倒れ、中華民国が建国。皇太后以下の嘆きを見ると、溥儀がまだよくわからない歳で反ってよかったかな、と。皇太后、先帝の妃たち、重臣らが悲しむ中、袁世凱だけが内心ほくそ笑んでいたのに腹が立ちます。どうしても溥儀に見てしまうので。でも袁世凱にしてみたら、一度は中央から遠ざけられ、一言で重臣でも簡単に首を切られる独裁的な部分があるから、朝廷に対してあまり思い入れも忠誠心もなかったんだろうと思います。
孫文のことはよく知らないのですが、これ見ると自分が権力を持つより民主化に重きを置いていたようだし、悪い人ではなさそうです。袁世凱は自分が皇帝になりたいと思ってるような感じ。
中華民国から年間400万両が皇室の生活費として支払われることになりましたが、それがどれくらいなのか実感がつかめません。とにかく今までのような贅沢はできないというような金額だとは思います。
醇親王パパは今回もヘタレっぷりを発揮。どこまで頼りないんだ…orz
ところで、なぜ西太后が幼帝を立てたのか、今一はっきり分かりません。単に光緒帝に逆らいたかったからなのか、まだ垂簾聴政するつもりだったのか? 先を憂えているなら、青年の溥偉のが良かったではと思うんですが。 もしかして溥偉の性格・行動には皇帝として問題があったとか?
ストーリーに全然関係ないですが、今回の最後の方で、子役が変わってしまいました。張萌くんが可愛かったのでちょっと残念です。

LastEmperor_2.jpg
溥儀(張萌)、乳母(陳麗明)

第三話「垂簾政治」
無事即位式も終わり、皇帝としてのスタートを切った溥儀だったが、新しい生活に馴染めないで居た。
摂政醇親王は、亡き先帝・光緒帝からの「袁世凱を処刑せよ」という遺詔を隆裕皇太后に見せるが、彼女は慶親王から「諸外国からの信頼も厚い袁世凱を、今処刑したらどうなるか」という助言を聞いて、袁世凱を療養させるだけに止める。1909年初め、袁世凱は故郷・彰徳へ帰り、復活のチャンスを待った。
1911年、孫文の武昌での反乱を皮切りに各省で武装蜂起があり、それぞれが勝利を収め清から独立。清は解体の様相を見せ始めた。慶親王は醇親王に、「この窮地を救えるのは袁世凱ただ一人」と言う。そこへ英国大使が現れ、革命党を抑えるのに力を貸すといい、その条件として、袁世凱を将軍に据えるようにと言う。
醇親王はしぶしぶ慶親王、英国大使に同意したが、袁世凱は将軍になることを断る。清から独立する地は増し、袁世凱はいよいよ動き出した。自分が摂政の座を降りない限り袁世凱が戻ってこないと悟った醇親王は、辞任を決意する。隆裕皇太后は、袁世凱を内閣総理大臣に任命する。


辛亥革命の兆しが見えたというところで三話終了。
慶親王は幼帝・溥儀を廃し、自分の息子溥偉を帝に立てたいといったところ? 身内にまで敵がいる醇親王、溥儀が哀れです。(というか身内が一番の敵?) 
革命党の進出と相次ぐ独立を前に、お父さん・醇親王はますます無能&へなちょこ振りを発揮してます…orz
一緒に遊んでいた宦官の少年が怪我をし、溥儀が手当てをしようとしたら謝られてしまい、他の人とは違うという己の立場を思い知らされます。お父さんは摂政を辞任して、溥儀はますます孤立してしまいました。残るは乳母だけですが、彼女もいつまで一緒にいられるやら…
おばあさんは溥儀のいない寂しさからボケ始めてしまいました。この頃はもう弟の溥傑が生まれていますが、初めての孫は特別に可愛いようだし、息子が皇帝になって亡くなっていることで、やはり心配も大きいのでしょう。彼女がまた溥儀に会えたらいいのに、と思います。
溥儀が騎馬戦を模して遊んでいる場面と、革命党と清軍が戦っている場面が交互に写るところがあるのですが、同じようなことをしているように見えて、紫禁城の塀の外と内は、別の世界なんだということを感じました。

左サイドMenu

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  02  01  10  08  07  06  05  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

マシュー・リース出演作

2012年09月10日発売(amazon.co.uk)

外国為替レート

外貨預金 初心者fx

右サイドメニュー

プロフィール

ゆうき

  • Author:ゆうき
  • 洋画、海外ドラマ、ドキュメンタリーが好き。
    割りと飽きやすいので感想が完走してないのも多いです(^^;
    たまに萌えが炸裂している感想もあるのでご注意下さい。(一応直前に警告文を入れています)

    画像は「ブラザーズ&シスターズ」のケヴィンことマシュー・リースさんです♡ 出演作をレビューしています。

HSタグクラウド

リンク

ブログ内検索

マシュー・リス検定

Twitter

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。